立命館大学BKCインキュベータ内検索

インキュベータインターンシップ生が「Sustainable Week 2018」に参加しました!

2018年 10月 29日

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について考えるきっかけを提供しようと、10月14日(日曜)から10月16日(火曜)まで、立命館大学BKCキャンパスで開催された学生主催のSDGs体験型イベント「Sustainable Week 2018」に、当インキュベータのインターンシップ生が参加しました。

今年3回目となる本イベントでは、unicefがSDGsの考え方としてあげている「People(人間)」「Planet(地球)」「Prosperity(豊かさ)」「Peace(平和)」「Partnership(パートナーシップ)」という5つの考え方を軸に、23の団体が貧困や飢餓、健康福祉やジェンダーなど各団体が関心を持つ分野について、団体が今まで培ってきた技術や個性を生かした活動とSDGs の17 のゴールと照らし合わせながら実際に行動、学生のオリジナルな視点で解決を目指しました。

インキュベータのインターンシップ生は、目標:「働きがいも経済成長も」 新しい視野を ー学べ、起業家精神ー を掲げ、BKCの学生に対しアントレプレナー精神の育成につながる自主性や行動力の向上を達成するための企画として、インキュベータに入居されている方々の講演会を通し、ベンチャースピリットについて学生が知る機会を創出しました。

ご講演いただいた入居者様

場所:セントラルアーク1階ステージ

  • 10月15日(月曜)
    株式会社メディカルフロント 代表取締役 山本敏幸氏
  • 10月15日(月曜)
    株式会社ユニゾンファブリク 代表取締役 岡田孝浩氏
  • 10月16日(火曜)
    株式会社ロジック 代表取締役 野口秀人氏

SDGs体験型イベント「Sustainable Week 2018」1

SDGs体験型イベント「Sustainable Week 2018」2

関連リンク

立命館大学 日本初、学生主催のSDGs体験型イベント「Sustainable Week」開催 -学生がSDGsを考え、行動するきっかけをつくる-