立命館大学BKCインキュベータ内検索

「立命館大学BKCインキュベータ2017年度第3回セミナー」を開催しました!

2018年 3月 30日

3月8日(木曜)に、立命館大学BKCインキュベータ2017年度第3回セミナーを開催いたしました。

今回は、ファイナンシャルプランナーであり滋賀県内で起業支援などの活動をされている*an fan*代表の西山彰子様を講師としてお招きし、「創業期企業・ベンチャー経営者におくる<こころ>と<おかね>の話」というテーマでご講演いただきました。

「事業計画書を作成したことのある方はどのくらいいらっしゃいますか?」という問いかけから始まり、起業家だけでなく一般の方にとってもライフプランを考えることの大切さについて、またご自身のこれまでの体験や書籍「100年時代の人生戦略」(リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット 池村千秋著)を参考にお話いただきました。

  • 人生においてたいせつなもの・大切なこと、必要なものは何ですか?
  • 一番大切な人は誰ですか?
  • 意識不明の重体のときに10秒だけ意識が戻るとしたら、一番大切な人にどんな言葉をかけますか?

という問いかけの個人ワーク、さらには「これからの人生のシナリオを考える」というグループワークもありました。

講師の身近な方が余命期間の宣告を受けた後も命尽きるまで仕事場に出続けたという身につまされるような事例のご披露もあり、これからの生き方や仕事への取り組みについて考えさせられる内容でした。

「人生100年時代になった今日、起業するのにいくつだって遅いことはない」との言葉は、元気が出てきます。
皆様のこれからのライフプランに活かしていただきましたら幸いです。