立命館大学BKCインキュベータ内検索

株式会社グランドライン

入居者紹介

2019年 4月 1日

企業名
株式会社グランドライン
代表者
代表取締役 早川 悟
住所
滋賀県草津市野路東一丁目1-1 立命館大学BKCインキュベータ内
Tel
077-564-8515
URL
https://grandline.works/ 
設立
2007年6月25日
業種
ビルメンテナンス
事業概要
日本文化の代表格の一つである歴史的木造建築物をはじめ、住宅、店舗、オフィスビルから温浴施設、医療施設、食品加工場等の環境衛生設備まで、安価で効率的な維持管理法を研究し、新しい技術や工法を開発しています。
企業紹介
木部再生の新技術「エアー鉋工法」は、株式会社グランドラインが独自に開発した木部再生の新技術です。様々に加工された木材に対し、汚れや劣化層、古くなった既存の塗膜を取り除くなど、美観の再生や木材の長寿命化を目的として開発された乾式工法で、施工できる素材は、木材はもちろん、金属や非金属・樹脂などにも対応できます。

メディア掲載:「化学工業日報」(2018年8月8日)

2019年 4月 1日

「グランドラインの“エアー鉋”好調 おがくず吹き付け効率研掃 硬度と粒子径調整 金属、樹脂にも効果」

メディア掲載:「寺社Now」(Vol.16)

2017年 11月 2日

「寺社Now」(日本の伝統寺社と現代社会の新しいバランスを考え、その情報や取り組みを発信する、寺社のための情報メディア)Vol.16”—寺社にお役立ち— 環境改善技術”に、株式会社グランドラインが掲載されました。

広い空間の建物、長い年月を経過した木材など、寺社の建造物は特有の問題を抱えています。それらを改善する最新の技術として、『エアー鉋工法』が紹介されています。

株式会社グランドラインが開発した新技術『エアー鉋工法』は、おがくずをさらに細かく粉末状にしたものを、エアーで対象物に吹き当て、その劣化層や付着物を除去する乾式の特許工法。この新技術により、寺社などの歴史的木造建築物の美観改善や、修復・維持にかかる費用の大幅削減が可能となりました。

同社は、この『エアー鉋工法』をはじめ、木材保存学にのっとった木材保存処理工法、石材洗浄工法、金箔洗浄の特殊工法などを総合させて、「常若施工」というオリジナルジャンルを確立させ、重要文化財にも採用されています。

test

寺社Now 

メディア掲載:「中日新聞」(2017年6月15日)

2017年 6月 20日

「家屋から文化財の柱までOK おがくず噴射 やさしく綺麗」

海外活動:バンコク

2017年 5月 31日

バンコクで新規工法のデモンストレーション

株式会社グランドラインが、古く汚れた木や鉄を美装する新規工法のデモンストレーションを、タイ、ミャンマーで行いました。海外初の試みです。

バンコクでは寺院関係、ヤンゴンでは建設会社を対象に、代表取締役と専務がデモンストレーション用の器材を持ち込み、実演しました。デモンストレーションが始まると、美装されていく様子を目の当たりにした方々は皆、驚かれていました。特にヤンゴンの建設関係者は、橋梁の美装に利用したいと仰っていました。

今後はアジアに留まらず、欧米にも活動を広めていく予定です。

デモンストレーションの様子1
デモンストレーションの様子2
デモンストレーションの様子3