マイスターバイオ株式会社とKrishibid Group ,Bangladeshの販売契約調印式の開催(平成27年11月18日)

2015年11月18日

 

濱田取締役(左)とメリーランド・アリ・アフザル代表(右)の調印

濱田取締役(左)とメリーランド・アリ・アフザル代表(右)の調印

 

   平成27年11月18日(水曜)、当インキュ入居企業で岡山理科大発ベンチャー企業のマイスターバイオ株式会社の濱田取締役CTOとKrishibid Group ,Bangladesh(クリシビッドグループ,バングラデシュ(KGB))のメリーランド・アリ・アフザル代表による販売契約調印式が岡山大インキュベータ2階会議室で開催されました。

  NHK岡山放送局、山陽放送、テレビせとうちの3テレビ局と山陽新聞社、日刊工業新聞社、瀬戸内海経済レポートのマスコミ6社を含む総勢34名が出席しておこなわれました。

調印後、握手を交わす濱田取締役とメリーランド・アリ・アフザル代表

調印後、握手を交わす濱田取締役とメリーランド・アリ・アフザル代表 

 

  マイスターバイオ株式会社が日本で生産したステビア入り飲料水と水溶性ウコンを輸出し、KGBがバングラデシュ等で展開するスーパーを通じて販売する予定です。また、通常1年程度かかるステビアの栽培期間を3カ月に縮める技術をKGBに提供し、来年には15ha以上の農地でステビアを現地栽培するほか、甘味料や飲料水の製造工場を建設する予定です。濱田取締役CTOは「社会貢献が目的。砂糖摂取が多く糖尿病が社会問題となっているバングラデシュでステビアを広めて現地の健康問題を解決したい。」と述べています。

 調印式の様子は当日3つのテレビ局で放送されるとともに、翌日以降、地元山陽新聞などにも詳しく紹介されました。

濱田取締役の説明を聞く出席者

濱田取締役の説明を聞く出席者

取材を受ける濱田取締役とメリーランド・アリ・アフザル代表

取材を受ける濱田取締役とメリーランド・アリ・アフザル代表

マイスターバイオ株式会社ホームページ(新規ウィンドウで表示)

Krishibid Group ,Bangladeshホームページ(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ