入居者紹介(株式会社仁科マテリアル)

ものづくり 居室番号212 株式会社仁科マテリアル

私達は「大学での基礎研究の知見を社会に活かす」ため、大学発ベンチャーとして起業いたしました。基礎研究から得られた知見と技術を活かし、高次材料の提案と開発を行い、実用化を目指します。 

キーワード日本で唯一の酸化グラフェンの製造・販売会社

製品・商品・研究内容等のご紹介
各種酸化グラフェン材料の画像

【各種酸化グラフェン材料】

グラフェンは2010年にノーベル物理学賞の受賞対象となった、革新的な材料です。私たちは"酸化グラフェン"の研究に化学的な視点から取り組み、水や有機溶媒に可溶な酸化グラフェンを製造することに成功しています。
        
合成装置の画像

【合成装置】

これまでに酸化グラフェンの工業化に成功した企業はありません。私たちは日産100gの製造に成功していますが、近いうちに日産1kgを目指す計画です。大量供給が可能になれば、触媒や電池など、幅広い用途への応用が見込まれます。
 

 

インキュベータでの研究内容
ナノマテリアルの研究開発及び製造販売
事業概要
  1. 最先端の材料開発と用途開発
  2. 基礎研究から実用化までの一気通貫型研究
  3. 安全・環境に配慮した生産技術の確立
会社概要
代表者 仁科 勇太
設立年月 平成24年11月
資本金 100万円
従業員  
所在地 〒700−8530 岡山市北区津島中1-1-1 岡山大インキュベータ212号
電話  
E-mail info@nisina-materials.com

株式会社仁科マテリアルホームページ(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ