入居者紹介(酸化鉄太陽電池技術研究組合)

ものづくり 居室番号110

5社(うち中小4社)1大学からなる経済産業大臣認可により設立された法人格を有する共同研究組織です。安価で高効率なエネルギー創出のため、酸化鉄化合物の新たな応用により、太陽電池獲得のための研究開発を実施しています。大学の基礎研究を助成し、高性能低価格な酸化鉄太陽電池の開発を行っています。 

キーワード太陽電池材料の研究

製品・商品・研究内容等のご紹介
酸化鉄太陽電池イメージの画像

【酸化鉄太陽電池イメージ】

強相関効果で極性な電荷秩序を成すグリーンフェライト®の特異な光吸収特性と光電導効果を応用し、赤外線領域から動作する酸化鉄太陽電池。粉末を薄く塗ることにより設置形態の幅が広がる。
 
酸化鉄化合物「グリーンフェライト」の画像;

【酸化鉄化合物「グリーンフェライト®」(RFe2O4)】

日本で発見された物質(新種の誘電体)Fe2+とFe3+が共存している物質
 

 

インキュベータでの研究内容
酸化鉄材料(グリーンフェライト®)に関する試験研究
大学との連携
岡山大学自然科学研究科 池田教授研究室(新規ウィンドウで表示)
事業概要
  1. 酸化鉄太陽電池(酸化鉄化合物「グリーンフェライト®」を用いた太陽電池)に関する試験研究
会社概要
代表者 濱田 鎮行
設立年月 平成24年12月
組合員

岡山大学
ジャパンマテリアル(株)
(株)ベネッセホールディングス(新規ウィンドウで表示)
(株)アイム21(新規ウィンドウで表示)
日清鋼業(株)(新規ウィンドウで表示)
吉永建設(株)(新規ウィンドウで表示)  

本社所在地 〒700-8530 岡山市北区津島中1-1-1 岡山大インキュベータ110号
電話  
E-mail  
 酸化鉄太陽電池技術研究組合(新規ウィンドウで表示)

 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ