入居者紹介(株式会社光フィジクス研究所)

ものづくり 居室番号208・209

フェムト秒レーザー技術をコア技術として、テラヘルツ分光システムの周辺装置を設計、製造、販売しています。 「見えないもの」を「見えるように」することにこだわり、物理、化学、光学、エレクトロニクスを横断的に見渡したシステム設計が特徴です。

キーワードフェムト秒レーザー、テラヘルツ、LabView

製品・商品・研究内容等のご紹介
1.フェムト秒レーザー光源
2.フェムト秒レーザーパルスモニター
3.フェムト秒パルスピーク強度モニター
4.光軸自動調芯ソフトウエア
5.故障予測診断ソフトウエア
6.超薄膜液体シート発生ユニット
7.テラヘルツ用光学遅延スキャナー装置
製品・商品・研究内容等の画像
PPL独自の知財と産業ニーズとの組み合わせによる新しい産業応用機器の開発。
たとえば、レーザーを応用した「瞬時計測型の残留農薬検知装置」など
製品・商品・研究内容等の画像


 

インキュベータでの研究内容
テラヘルツ発振が可能な出力を持ったファイバ伝搬型フェムト秒レーザー光源の開発
大学との連携
岡山大学工学部 計測システム工学研究室 紀和利彦 准教授
事業概要
  1. フェムト秒レーザー関連の計測/制御装置の設計、製造、販売
  2. フェムト秒レーザー加工受託(ダイヤモンド刃物の微細加工等)
  3. フェムト秒レーザー加工技術の共同開発、コンサルティング
  4. フェムト秒レーザーによるテラヘルツ分光装置
会社概要
代表者 渡部 明
設立年月 平成15年10月
資本金 5,900万円
従業員 7名
本社所在地 〒700-0082 岡山市北区津島中1-1-1 岡山大インキュベータ209号
電話 086-214-5333
E-mail info@photo-physics.com

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ