入居者紹介(有限会社ジャパン・ラム)

バイオ 居室番号107・108 有限会社ジャパン・ラム

当社は「お客様にロープライス、ハイクオリティーの商品作り」を会社の理念にかかげ、医学と農学(医と食)の両面から日々の生産物を考え、研究用実験動物及び医学検査材料を製造・販売する「医」の部分と、ラム肉を中心とした肉の生産と販売等の「食」の部分とで社会的に貢献することを目標としています。

キーワード医学検査材料の製造、受託による抗体作製、リコンビナント蛋白質の開発、ラム肉の販売

製品・商品・研究内容等のご紹介
製品・商品・研究内容等の画像 ・医学検査用及び研究用の血液、血清、臓器等を国内外より調達し、より敏速に各メーカー様や研究機関に供給しております。
・免疫原としてのペプチド合成から、受託免疫による抗体作製、更には抗体の精製も承っております。
・岡山大学と共同し、微生物培養による効率的且つ大量にリコンビナント蛋白質を産出する研究開発を進めております。
・各種実験用動物、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ラット、マウス、ニワトリ等の動物を、動物愛護の精神を持って飼育管理し、ユーザー様に提供させて頂いております。
・当社で生産したラム肉は、高級食材として大手ホテル等に納品し、非常に高い評価を受けております。
製品・商品・研究内容等の画像
インキュベータでの研究内容
微生物培養によるリコンビナント蛋白質の効率的生産
大学との連携
岡山大学工学部 遺伝子機能設計学研究室 酒井裕教授
事業概要
  1. 実験用動物の生産及び販売
  2. 医学検査材料用、動物血液及び血清の製造・販売
  3. 受託免疫によるポリクロナール、モノクロナール抗体の作製
  4. 微生物培養によるリコンビナント蛋白質の研究開発
  5. ラム肉を中心とする食肉の製造・販売
  6. 米・麦の生産
会社概要
代表者 須藤 薫雄
設立年月 昭和61年2月
資本金 300万円
従業員 24名
本社所在地 〒720-2111 広島県福山市神辺町上御領1711-6
電話 084-965-0574
E-mail info@japan-lamb.jp

有限会社ジャパン・ラムホームページ(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ