入居者紹介(山陽化学株式会社)

ものづくり 居室番号210 山陽化学株式会社

山陽化学は、多彩な技術力と創造性豊な知識の集積により、単なる土木工事用補助材としてではなく、幅広く建造物の一部として機能し、役立つ新時代のラバーベアリングの開発を行っています。 日々の暮らしを見つめ自然と環境の調和を考え、常に新しい快適性を追求する貧欲な姿勢で、未来に欲張りな企業として次のフィールドに可能性の翼を広げます。

キーワードゴム支承、伸縮装置、変位制限装置、落橋防止装置

製品・商品・研究内容等のご紹介
ゴム支承の画像 ・ゴム支承は、構造物が地震の揺れよって生じる水平力エネルギー・鉛直力エネルギーから、ゴムのせん断バネ特性(形状変形時の復元抵抗力)により緩やかに減衰させ、構造物を地震の被害から守ります。
伸縮装置の画像 ・伸縮装置は、構造物と基礎部分を連結一体化させて、製品断面を伸縮追従させることで移動の変化に対応しながら、装置上面の車両車輪を円滑・安全に走行させます。
落橋防止装置の画像 ・落橋防止装置は、構造物が地震の揺れよって生じる水平力エネルギーから橋梁が落下することを防止して、人々の生命・財産を地震の被害から守ります。


 

インキュベータでの研究内容
アイソレート機能に優れた道路埋め込み型伸縮装置合材の研究開発
大学との連携
岡山大学工学部 高分子材料学研究室 沖原巧 講師
事業概要
  1. 橋梁ゴム製品の設計・製造・販売
  2. コンクリート目地材の製造・販売
  3. 製缶板金業
  4. とび土木工事業
会社概要
代表者 赤木 穂秀
設立年月 昭和54年4月
資本金 4,000万円
従業員 50名
本社所在地 〒710-0021 岡山県倉敷市高須賀1−1
電話 086-482-3400
E-mail sanka@sanyo-kagaku.jp

山陽化学株式会社ホームページ(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ