【参加無料】名古屋工業大学研究協力会 共催セミナー

2018年1月12日

名古屋工業大学研究協力会と名古屋医工連携インキュベータの共催セミナー
『微生物のパワーが世界を救う!!』を開催します

 独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部(略称:中小機構中部、所在地:愛知県名古屋市、本部長:花沢文雄)は、管理運営する名古屋医工連携インキュベータ(略称:NALIC、所在地:愛知県名古屋市)において「微生物のパワーが世界を救う」と題し、名古屋工業大学研究協力会との共催セミナーを開催いたします。

 本セミナーでは、近年、微生物を利用した様々な新事業が次々と生まれていることに着目し、微生物のパワーを利用して事業を展開している3社の紹介を通して、まだまだ知られていない微生物の能力と新しい事業の創出や協業の可能性について考えます。

 

 

<開催概要>
◆日時: 平成30年2月28日(水曜) 15時00分から17時00分
       (17時00分から18時00分 名刺交換会及び交流会)
◆会場: 名古屋市医工連携インキュベータ 2階セミナールーム
       (名古屋市千種区千種二丁目22番8号)
◆定員: 45名(参加費無料)
◆演題: 「微生物を用いた創薬と製造」 日本マイクロバイオファーマ株式会社
      「油脂分解微生物による水環境浄化」 株式会社フレンドマイクローブ
      「腸内細菌と腸内環境の郵送検査」 株式会社ヘルスケアシステムズ
◆主催: 独立行政法人中小企業基盤整備機構 中部本部 名古屋医工連携インキュベータ
◆共催: 名古屋工業大学研究協力会  

■申込み: 以下のチラシ・申込書をダウンロードし、NALIC・IM室までFax(052−744−5160)でお申し込みください。
 

「微生物のパワーが世界を救う」 本セミナーは、名古屋工業大学研究協力会とNALIC(名古屋医工連携インキュベータ)が共催し、微生物のパワーを利用して事業を展開する、3つの企業をご紹介します。 太古より、地球上のあらゆる場所に存在する、微生物たち。私たち人間はそんな微生物と共存することで様々な恩恵を受けています。人体の健康には、腸内細菌のバランスを保つことが重要である、という考え方も常識となってきました。微生物利用には様々な事業可能性があり、世界中で微生物を利用した新事業が次々と生まれています。今回、具体的な事例を通じて、まだまだ知られていない微生物の能力と、新しい事業の創造や協業の可能性について考えます。 日時:2018年2月28日(水曜)15時00分から17時00分、会場:名古屋医工連携インキュベータ 2階セミナールーム、定員:45名、参加費:無料、演題:「微生物を用いた創薬と製造」(日本マイクロバイオファーマ株式会社) 「油脂分解微生物による水環境浄化」(株式会社フレンドマイクローブ) 「腸内細菌と腸内環境の郵送検査」(株式会社ヘルスケアシステムズ)、主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部 名古屋医工連携インキュベータ、共催:名古屋工業大学研究協力会

チラシ・申込書(PDF:612.7KB)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい。※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ