セミナーレポート Part1

2016年6月27日に速田義博氏と水野聡氏による「中小企業のための新規事業創出セミナー&ワークショップ」ミニセミナーinなごやサイエンスパークが開催されました!! 

 ご参加頂けなかった方にも当時の様子をぜひ知って頂きたい・・・・と、セミナーの様子をダイジェストでレポートします!! 

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい (新規ウィンドウに表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

 

 

Part1 セミナーレポート 2016年6月27日に速田 義博氏と水野 聡氏による「ミニセミナーinなごやサイエンスパーク 中小企業のための新規事業創出セミナー&ワークショップ『新たなビジネスと価値の生み出し方』」が行われました!参加しようか悩んでしなかった方、参加したかったけどできなかった方、当日の様子をダイジェストでご紹介するので、ぜひ参考にして下さい。イノベーションで新たな価値を創造する!!イノベーションとは、分野を横断した新たな価値の創出を意味します。一見共通点が無いように思われる「既存の何か」を組み合わせて生じる新たな価値。そこにどのようにプレイヤーが関わるのかによっても、商品の寿命が左右されます。一カ所に負荷がかかる仕組みだと長続きしないからです。この価値を生み出す相関関係図を「価値設計図」と呼びます。セミナーでは、他にも様々な発想が紹介されました。イノベーションは必ずしも天才から生まれるものでは無く、普通の人たちの集まりであっても、多様な考え方を尊重し合い、掛け合わせ、組み合わせていくことによって生まれ得るものであるということを体験するセミナーとなりました!

セミナーにご参加頂いた方に感想を伺いました。鈴木健司さん(税理士)。セミナーにご参加頂いたきっかけは何ですか?私は税理士として中小企業の税務や会計のサポートをしているので、経営者の方から税のこと以外にも法律や経営など、様々な相談を受けることがあります。しかし、専門分野以外のことは力になれず、歯がゆい思いをしていました。私自身が他の分野に精通している方々との人脈を持っていれば、税のこと以外で相談を受けた場合であっても、そうしたネットワークを通じて、情報提供ができたり、人を紹介できたり、もっと役に立てるのではと考え、人脈づくりを目的としてセミナーに参加しました。実際参加してみると、士業の方々も沢山参加されており、幸運にも経営者をサポートする同じ立場として、考え方が似ている方と知り合え、その後もお付き合いさせて頂いているので、こういった場所に足を運ぶ大切さを実感しています。印象に残ったことは何ですか?セミナーでは事業評価や競合分析など、難しい内容を扱っているにもかかわらず、講師の方が、受講者のキャラクターを把握し、クイズやジョークを交えながら話を振り、場を上手に盛り上げることで、取っつきやすいものにしているのが印象的でした。最初の段階で発言しやすい雰囲気が醸成されるので、その後のグループワークでも異業種ならではのアイディアが飛び交い、楽しかったです。私も仕事柄、講師として話をする機会があるので、講師が交流を生み出すような場をつくることは、受講者のわかりやすさにつながるということを体験し、大変参考になりました。今後参加してみたいセミナーのテーマはありますか?経営者の成功談や失敗談を通して、経営について考えるようなセミナーがあったら参加してみたいです。これは税理士の仕事を通して感じることですが、普段お付き合い頂いている経営者の方は、すでに具体的な課題を持っているためか、総論よりも他社の具体的な取り組みについて関心を示すことが多いです。ですから、経営者をサポートする立場の私としても、ひとつでも多くの具体的な事例を学び、税の話に限らず、経営者の方が参考になるような話を提供できればと考えています。個人的には、私が文系で理系の分野には精通していないので、医学や工学などの理系分野で事業を展開している経営者の方に話が伺えたら嬉しいです。なごやサイエンスパークには、新製品、新技術に関して独創的な研究開発をしている企業がありそうなので、ぜひそうした企業の経営者の方に話を伺ってみたいですね。

「セミナーレポートPart1」こちらからご覧下さい(PDF:298KB)

「セミナー参加者の声」こちらからご覧下さい(PDF:355KB)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ