10周年セミナー第5弾 「最近のめっき業の状況と将来展望」

  アベノミクスと円安の影響で大企業の製造業の業況が大幅に改善している。しかし、めっき業を中心とする中小企業はその恩恵に浴していない。とくに、消費税の増税による影響が大きく、電気代、ガソリン代の増加で経営が厳しいめっき業が多い。しかしながら、めっき業の中でも過去最高の売り上げをあげたというめっき専業者もある。

そこで、最近のめっき業の現状とこれからの展望について述べたい。

 ・最近のめっき業の動向
 ・めっき業の失敗事例
 ・倒産・廃業するめっき業の特徴
 ・好調なめっき業と低調なめっき業の比較
 ・これからターゲットとすべき分野と将来展望
 ・自動車部品を中心とするめっきの動向
 

 ■日時:平成26年12月12日(金曜)
     16時〜18時(受付:15時30分)
■場所:中小機構近畿 京大桂ベンチャープラザ南館 会議室

【プログラム】

「最近のめっき業の状況と将来展望」
     株式会社ファイブイー研究所 代表取締役 所長(工学博士)榎本英彦 氏
質疑応答と名刺交換

■定員:30名(先着順)
■参加費:無料
■主催:中小機構近畿 京大桂ベンチャープラザ
■共催:京都府鍍金工業組合,鍍秀会
■後援:京都市イノベーションセンター、京都桂産学公コミュニティコア

■申込み:満席のため締め切りました

■お問い合わせ  京大桂ベンチャープラザ IM室  電話: 075-382-1062

  平成26年、京大桂ベンチャープラザは開設10周年を迎えました。
  当施設の特色である「技術」をテーマに連続セミナーを実施し、新たな技術開発や製品開発など事業化のヒントを提供します。

 

 

セミナー詳細・FAXでのお申込みはこちらをご覧ください。(PDF)

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードしてください。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ