入居者紹介(中辻博)

会社概要

居室番号 【北館】 107号室
社名 中辻 博 代表者名
住所 〒615-8245 京都市西京区御陵大原1-36 京大桂ベンチャープラザ北館107
設立 資本金
業種カテゴリ 量子化学に基づく開発事業
事業概要 量子化学研究、量子化学プログラムの開発、Solution事業、講習会の開催
連携先 京都大学、分子科学研究所、首都大学東京
ホームページ 特定非営利活動法人 量子化学研究協会のホームページ(新規ウィンドウで表示)

会社紹介

 化学を中心とする物質科学は、シュレーディンガー方程式に代表される量子力学の原理によって支配されている。その量子的化学原理に基づき物質設計することが、物質科学研究の最も確実かつ実りのある道である。これを実現する学問が「量子化学」であり、この立場から二つの研究開発事業を展開している。

 その1つは、80年来誰も成し遂げることのできなかったシュレーディンガー方程式の一般的・解析的解法の発見(2000年)に基づく理論展開と計算プログラムの開発事業である。この実用化は、実験主体の物質科学研究に、理論とシミュレーションによる高信頼性予測という革新的研究手段を付与する可能性を持つ。

 もう1つは、光と分子の相互作用を高信頼度で記述できるSAC-CI理論(1978年)に基づき、光エネルギーの利用と変換を設計する事業である。この理論は、世界最大シェアを持つ量子化学計算プログラムパッケージ「Gaussian」に搭載され、あらゆる企業・大学・研究所で使うことができる。これらの理論の応用と、それによる光材料や光生物現象のSolution事業、シンポジウムの開催、講習会の開催等の事業を展開している。

京大桂ベンチャープラザで行う事業

 “量子化学に基づく予言的物質設計”

・シュレーディンガー事業 「予言学としての量子化学の確立と実用化」
 シュレーディンガー方程式の正確な解法に基づく完全予測理論の開発と、そのシミュレーションプログラムパッケージ「Principia」の開発、講習会等の開催
・SAC-CI事業 「光・物質・生物系の理論設計」
 SAC-CI理論の拡充と応用、Solution事業、講習会等の開催

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ