産学官交流研究会博多セミナー「一金会」で(株)ワイズ・リーディングが講演を行いました。(平成24年11月2日)

 平成24年11月2日(金曜)に中小機構九州本部のセミナールームで開催された産学官交流研究会博多セミナー「一金会」で(株)ワイズ・リーディングの代表取締役である中山善晴氏が発表されました。

 一金会は、中小機構九州本部、九州経済産業局、(独)産総研九州センター、(一財)九州産業技術センター、(一社)九州ニュービジネス協議会が共同で主催する産学官交流研究会です。
 「産」「学」「官」の研究者、支援担当者等の情報交換、交流の場を提供することで、次世代産業創出のためのフォーメーション形成の環境整備を促進することを目的とし、原則、毎月第一金曜日に講演会・交流会が開催されています。

 講演では、「地域医療をつなぐ、ささえる、変革する」―遠隔画像診断による新時代の地域医療連携を目指す―」と題して、なぜ医者が会社を創ったか、遠隔画像診断という仕事、事業化と将来のビジョンなどについて話されました。後半は、コミュニティ・デザインに関する提案について、中小企業は地域に根ざして、地域に愛される企業にならなければならず、そのためには、地域社会を活性化する活動にも積極的にとりくんでいくことが大切だと話されました。

 また、講演終了後のショートプレスとして、中小機構九州本部支援拠点サポート課の中野課長代理から「中小機構九州のインキュベーション施設紹介」が行われました。
 

(株)ワイズ・リーディング 中山社長

(株)ワイズ・リーディング 中山社長

中小機構九州本部 中野代理

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ