第3回くまもとバイオ&ライフサイエンスカフェを開催しました。(平成23年11月11日開催)

 今回は、『今求められている、この商品は体にいい ―消費者に商品の価値を伝える新たな取り組み―』と題し、株式会社阿蘇バイオテック開発室の佐藤大吾氏に講師をしていただきました。
 健康食品の開発に際して、まずエビデンスを作る。商売に活かすためには法律との整合性が必要である。根拠づくりは継続的事業経営のための必要なツールである。また、健康訴求型食品は、誰にでも納得いくものでなければならないと事例を交え話されました。
 最後に、新たに開発したコンサルタント業務のサイエンスマーケティング事業を紹介され、地域の機能性食品事業者の支援を進めていきたいと結ばれました。
 今回は、地域企業、大学・研究機関、入居企業の方々、23名の方が集まり、質疑応答も熱心に行われ、セミナー終了後の講師を交えた懇談会でも活発に意見が交換されました。

第3回 くまもとバイオ&ライフサイエンスカフェ

第3回 くまもとバイオ&ライフサイエンスカフェ

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ