第88回イブニングセミナー「使命は、中小、小規模企業の売り、販路の悩み解消」を開催しました。(平成26年7月29日)

 今回は、中小企業診断士で「熊本県よろず支援拠点」のコーディネーターである鹿子木康氏を講師に迎え「使命は中小、小規模企業の売り、販路の悩み解消」と題してお話していただきました。
 この「よろず支援拠点」とは、中小企業・小規模事業者の皆様の売上拡大、経営改善など、経営上のあらゆるお悩みの相談についてワンストップで総合的に対応する経営相談所であること。
具体的には、1.事業者の課題に応じて、複数の支援機関・専門家がチームを組んで支援すること。2.地域の支援機関とのネットワークを活用して、経営課題に応じて的確な支援機関等を紹介するワンストップサービスを行うことなどを紹介されました。その後、弱者必勝の経営戦略であるランチェスター法則から、中小企業の基本戦略である「差別化」、収益性を高めるための「一点集中」戦略について、具体的な事例を紹介しながら説明されました。
 最後に、熊本県の「よろず支援拠点」の相談窓口は、くまもと産業支援財団に設置されているので気軽に相談してほしいと言われました。
 セミナーには、地域企業、支援機関、入居企業の方々など48名の方が参加され、質疑応答や意見交換が熱心に行われました。また、セミナー後、鹿子木コーディネーターによる個別相談会も行われました。
 

第88回イブニングセミナー

第88回イブニングセミナー 

第88回イブニングセミナー 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ