「安全連絡会・消防防災訓練」を実施いたしました。(平成25年4月19日)

 当施設入居企業の安全な事業活動の確保、安全管理意識の醸成、及び周辺の方々への危険、迷惑防止などを目的にした安全管理連絡会および消防、防災訓練を実施しました。
安全連絡会では、機構九州本部、大木代理の挨拶に続き、菱刈IMから、安全管理マニュアルに沿って、入居者の安全な事業活動についての留意事項、火災事故や地震発生時の対応と緊急連絡体制などについて説明を行いました。
 その後、入居企業従業員参加による防火避難訓練に移り、2階を出火場所に想定し、全館への火災発生の連絡から始まり、初期消火訓練と建物外への避難訓練、水消火器を使用した消火訓練を行いました。
またAED自動体外式除細動器について、熊本中央消防署の方から取り扱い方法、留意点の説明をしていただきました。AEDについては機器作動に関わらず、人による心臓マッサージを続けることが重要であることを強調されました。
 訓練終了後、熊本市消防局の方から、火災発生の際は自動開閉の防火扉は煙の回るスピードに間に合わないことも多いことから速やかに手動で閉めることの指導や、訓練については良好であったとの講評をいただきました。
  

「安全連絡会・消防防災訓練」

「安全連絡会・消防防災訓練」

「安全連絡会・消防防災訓練」

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ