くまもと大学連携インキュベータ内検索

第118回イブニングセミナー「金食い虫特許VS金のタマゴ特許」(12月17日開催)

今回は、須貝英雄氏に「金食い虫特許VS金のタマゴ特許」と題してお話しをしていただきます。 知財相談は、特許出願を検討する段階で発生することが多いため、支援者側も特許出願を中心に対応を準備しているケースが一般的です。そのためか、特許の「取得」を目的としてしまう中小企業や支援が非常に多く、せっかく取得した特許が「収益に貢献しない」ばかりか、特許費用で苦しむ企業も実は多いものです。

経営戦略、研究開発戦略、知財戦略は一体で運用されるべきものです。特許取得にだけ傾注し、事業として失敗することも多々あります。特許出願にとどまらない、多様な知財支援を活用し、知財で稼げる企業となるための道筋を示します。

今回のセミナーは、「特許取得」を冷静に俯瞰し、収益に貢献する特許とするため、特に研究開発型企業や技術系ベンチャーの経営者、また、その支援を行う支援者の方々にお聞きいただきたい内容です。

多くの方々のご参加をお待ちいたします。

概要

日時:
2018年12月17日(月曜)17時30分開始
場所:
くまもと大学連携インキュベータ会議室
テーマ:
「金喰い虫特許VS金のタマゴ特許 権利取得による収益性の向上をめざして」
定員:
約50名(先着順)
受講料:
無料

※駐車場台数は多くありませんので出来る限り公共交通機関をご利用ください。

※お申込み・詳細は、添付チラシをご覧ください。

第118回イブニングセミナーチラシ (421KB)