平成25年度セミナー2 「第2回 先進事例セミナー(7月18日)」

いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD)では、下記のとおり「平成25年度 第2回 先進事例セミナー」を開催いたします。

日本料理は、日本の気候・風土の中で育まれた食文化の産物であり、昆布、鰹節、煮干などから取った“だし”は、日本料理の風味の基本で、食材の持ち味を引き出します。今日、世界からも注目されている“日本料理”の人気の秘密を探ってみるとともに、日本料理と健康増進についても述べ、日本型食生活を再考し継承する意義、将来の在り方についても考えてみたい。今回のセミナーでは、日本食文化が世界無形文化遺産に登録を目指している背景や、研究開発を通じた取り組み事例についても紹介します。

食品関連企業、新しい事業を推進するベンチャー企業、新事業開拓企業、研究者等の皆様におかれましては、この機会に是非ともご参加いただきますようご案内申し上げます。
 

1.主催

独立行政法人 中小企業基盤整備機構 北陸本部

 

2.後援

石川県立大学

 

3.日時

平成25年7月18日(木曜)14時00分〜17時00分(交流会含む)

 

4.場所

いしかわ大学連携インキュベータ(i-BIRD) 2階 セミナールーム

〒921-8836 野々市市末松三丁目570番

※駐車場に限りがありますので、石川県立大学の駐車場もご利用ください。

石川県立大 駐車場位置図

5.内容

第一部 講演(無料)

『日本料理の魅力と秘密』

講師:関西福祉科学大学健康福祉学部 的場 輝佳 客員教授

 

経歴:

1972年京都大学大学院農学研究科博士課程(農芸化学専攻)修了。京都大学食糧科学研究所助教授、奈良女子大学生活環境学部食物栄養学科教授、附属図書館長を経て、2006年3月定年退職、奈良女子大学名誉教授。同年4月関西福祉科学大学健康福祉学部教授。2013年4月同客員教授。日本調理科学会・前会長、日本食育学会・理事、NPO法人日本料理アカデミー・理事、NPO法人奈良の食文化研究会・理事などを務める。

 

第二部 交流会(会費:おひとり500円/受付時にお支払いください)

飲み物(ノンアルコールです)+軽食付き

 

6.定員

40名(先着順)

 

7.申込方法

参加申込書に内容をご記入のうえ、Fax又はE-mailにてお申し込み下さい。

 

8.お問い合わせ先

いしかわ大学連携インキュベータ インキュベーションマネージャー室 担当:鈴木

Tel:076-246-4150   Fax:076-246-4270

E-mail:ibird04@cpost.plala.or.jp 

 

PDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンをダウンロードしてください(新規ウィンドウに表示)。

※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

第2回 先進事例セミナー ご案内・申込書(PDFファイル)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ