開催報告 平成24年度 第2回先進事例セミナー(9月7日)

いしかわ大学連携インキュベータでは、平成24年9月7日に先進事例セミナーを開催いたしました。いしかわ大学連携インキュベータ 2階セミナールームを会場に、計29名の参加がありました。

今回のセミナーは、近畿大学農学部食品栄養学科 米谷 俊氏をお迎えし、「機能性食品の研究開発 競争しない戦略は存在するか? 」について講演を頂きました。

米谷教授からは、ストレス緩和効果(=GABA)を持つ機能性チョコレートの開発や、摘果みかん果実による血流改善効果(=ヘスペリジン)の研究成果について紹介頂きました。

また、これまでのご自身の経験から、研究開発を成功させるには、理念が大切であること。また研究成果を拡大させるには、成果の共有も大事であること。特に、ライバル企業等との間では「競争」ではなく、「共創」(市場を共に創っていくこと)という考え方が重要であることをご説明頂きました。

講演の後は、1階の交流ラウンジに場所を移して、名刺交換会(交流会)を実施しました。

セミナーの様子

近畿大学 米谷教授

名刺交換会(交流会)の様子

名刺交換会(交流会)の様子

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ