いしかわ大学連携インキュベータ内検索

i-BIRDセミナー(3月15日開催)

機械化・IT化による農商工連携事業の創出
─あたらしくなった「農商工連携事業」って?!─

平成20年より経済産業省が進めてきた「農商工連携事業」は、農林漁業者と中小企業者が“有機的連携”をし、お互いの“経営資源”を有効に活用して売れる“新商品・新サービス”の開発、生産等を行う国の認定事業です。この認定を受けることにより補助金などの支援が受けられます。

近年、農商工連携事業の中でも「農業の機械化・IT化事業」が求められており、今回のセミナーでは、農業の機械化・IT化とはどのようなものか」「農商工連携事業の認定を受けるとどのような支援を受けられるか」について、わかりやすくご紹介します。「農業者・中小企業との連携」、「農業の機械化・IT化」に興味のある皆様、奮ってご参加ください。

開催概要

日時:
2018年3月15日(木曜)
13時30分~16時25分
場所:
福井県食品加工研究所 
(福井県坂井市丸岡町坪ノ内1-1-1)
定員:
50名(先着順)
参加:
無料
お申込方法:
以下のチラシをご覧の上、お申し込みください。

i-BIRDセミナー(3月15日開催)チラシ/申込書 (840KB)

主催
中小機構 北陸

内容

第1部
13時30分~14時15分
『農商工連携事業における機械化・IT化とは?』
(講師:中小機構 北陸 藤元統括プロジェクトマネージャー/津田プロジェクトマネージャー)
第2部
14時15分~14時45分
『福井県における農業のIT化と食品加工のIT活用の動き』
(講師:福井県食品加工研究所 所長 佐藤 有一 氏)
第3部
14時55分~15時55分
『事例紹介─株式会社フィッシュパス』
(講師:株式会社フィッシュパス 代表取締役 西村 成弘 氏)
第4部
15時55分~16時25分
『相談会』─希望者のみ

お問い合わせ

中小機構 北陸
連携推進課 植田
Tel: 076-223-6100