「第33回北大ビジネス・スプリングセミナー」を開催しました!

 7月19日、第33回 北大ビジネス・スプリングセミナーと 同時開催としてデザイン相談会(相談無料)を開催しました。セミナー終了後、恒例のワンコイン懇親会を実施しました。

 今回のセミナーのテーマは、「地ビールの開発と地域活性」でした。
 オホーツク海をイメージした鮮やかなブルーの発泡酒「流氷DRAFT」や新緑をイメージした鮮やかなグリーンの「知床DRAFT」など美しい発泡酒を発表し続けている網走ビール。大学の研究成果により生まれたこの「流氷DRAFT」をはじめ、各地域の素材を副原料として用いた種々の製品開発につい東京農業大学 名誉教授の永島 俊夫氏にお話しいただきました。

 写真左:東京農業大学 名誉教授 永島氏 、 写真右:セミナーの様子

     【 写真左:東京農業大学 名誉教授 永島氏 】                           【 写真右:セミナーの様子 】


  セミナー終了後は、懇親会を開催しました。ワンコイン懇親会と言う事で毎回スタッフが工夫を凝らしていますが、今回はセミナーで紹介した網走ビールを3種類用意して、それぞれ試飲を楽しんで頂きました。
 普段接する機会が少ない異業種の方々との交流あり、幅広いネットワークを構築するきっかけとなりました。
 

写真:交流会の様子

【 写真:交流会の様子 】


 北大ビジネス・スプリングでは、入居企業や近隣企業向けのセミナーを継続的に開催していきます。今後開催してほしいテーマ等がありましたら、IM室までお気軽にご相談ください。

【お問い合わせ先】
北大ビジネス・スプリング IM室(電話:011-728-8686)
 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ