「新価値創造展2016」に入居企業が出展しました![株式会社ユニアル、株式会社NAZCA、メディカルフォトニクス株式会社]

 ビジネスマッチングの場として、中小・ベンチャー企業が優れた技術・サービスを持ち寄る「新価値創造展2016」が10月31日(月曜)から3日間、東京ビッグサイトで開催され来場者数は3日間で30,042名と多くの来場者がある人気の展示会となりました。 北大ビジネス・スプリングからは[株式会社ユニアル、株式会社NAZCA、メディカルフォトニクス株式会社]の3社が出展しました。
 同イベントは、医療・環境・テクノロジーなどの分野において、新しいビジネスの『ヒント』や『共に創る』パートナーを発掘し、新たなビジネス展開に役立つ『新価値の創造』につながることを期待して、新たに価値を生み出すことに意欲的な全国の中小・ベンチャー企業582社が集結しました。 各社とも特徴のある製品・技術・サービスを展示しており、各展示ブースでは来場者と出展者が活発に意見交換する姿が見られました。 ステージでは各種セミナーや出展者プレゼンテーションも行われ、活気にあふれた展示会でした。
 

「新価値創造展2016(第12回)」の様子

【「新価値創造展2016(第12回)」の様子】

 株式会社ユニアルは国産の健康食品原料の製造販売、国産にこだわった健康・機能性素材の研究開発・販売、健康・機能性商品のクマイザサを中心とした北海道産独自素材など収穫する場所や製法にこだわるとともに、エビデンスのある素材として裏付けるための研究開発にも注力しています。また、国産のこだわりの素材を用いたOEM商品の企画提案などパネル展示を行っていました
 
 

株式会社ユニアルの展示の様子

【株式会社ユニアルの展示の様子】

  メディカルフォトニクス株式会社は採血不要の血中脂質モニタリングシステムの開発をしており、従来の脂質検査とことなり健康管理や健康食品評価、投薬の効果確認など幅広い用途が期待される、採血が不要で小型の、いつでも簡単に検査できる採血不要の血中脂質計測器を展示し、実際に来場者の血中脂質を測定するデモを行っていました。


 

メディカルフォトニクス株式会社の展示の様子

【メディカルフォトニクス株式会社の展示の様子】

 株式会社NAZCAは産学連携で研究開発を行い材料に、機能を付加する究極のナノテクノロジーで世界初、北海道大学と共同開発し北海道地方発明表彰文部科学大臣賞を受賞した、簡単に出来るフッ素の自己組織化成膜を応用した自己組織化フッ素成膜キット「CS-1」を展示しました。 応用として、いろいろな業種、製品に使用できる可能性が十分にある事をPRしていました。
 

株式会社NAZCAの展示の様子

【株式会社NAZCAの展示の様子】

 3社とも、出展ブースに訪れるお客さまに積極的に声をかけ、熱心に自社の説明を行っていました。 3社にとって、とても有意義なイベントとなったようです。
 

北大BS入居企業ブースの様子

【北大BS入居企業ブースの様子】

  また、同時開催されている「産業交流展2016」では、北大ビジネス・スプリングのOB企業である株式会社スマートサポートが北海道エリアブースで出展していました。
 

産業交流展2016と株式会社スマートサポート出展の様子

【産業交流展2016と株式会社スマートサポート出展の様子】

 北大ビジネス・スプリングでは、北海道内だけでなく、日本全国を対象にセミナーでの事業説明やイベントでのブース出展など、積極的にPR活動を行っています。また、「北大ビジネス・スプリングセミナー」等、当施設独自のセミナーやイベントも開催しています。セミナーの開催日時、内容等については、当施設のホームページにてご案内しておりますので、ご関心のある方は、ぜひ、ご参加ください!

 これからも、イベント等へ出展する入居企業等の皆さまを全力でご支援させていただきます!

 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ