高校生の職場見学「キャリアプロジェクト」の受け入れを行いました

2014年10月30日

 平成26年10月22日(水曜)、北海道札幌英藍高等学校の1年生(総勢4名)が、北大ビジネス・スプリングに職場見学のため、来訪されました。

 北海道札幌英藍高等学校では、生徒が事務所に出向き、経営者や従業員から仕事の内容などを取材する学習により、仕事の社会的な意義や実施の業務内容についての理解を深める「キャリアプロジェクト」を行っており、今回、北大ビジネス・スプリングを運営する独立行政法人中小企業基盤整備機構宛てに依頼があり、職場見学が実現しました。

 まず、当施設の概要説明と内覧を行った後、入居企業の社長とインキュベーションマネージャーへのインタビューをそれぞれ行いました。

 企業訪問では、株式会社クロックワーク北海道の伊志嶺社長から事業の内容説明だけでなく、人生の先輩として、これまでの経験に基づいた貴重なアドバイスを頂いていました。
 

事業説明を聞く生徒の皆さん(写真左)、インタビューを受ける伊志嶺社長(写真右)

【事業説明を聞く生徒の皆さん(写真左)、インタビューを受ける伊志嶺社長(写真右)】


 また、インキュベーションマネージャーは、ビジネスの基本である名刺交換から、話の合間に入れる雑談(アイヌ語の話)など、初めて会う相手と良好な関係を築くためのノウハウを示してくれていました。
 

インタビューに答える松居CIM(写真左)、メモをとる生徒さん達(写真右)

【インタビューに答える松居CIM(写真左)、メモをとる生徒さん達(写真右)】


 非常に短い時間ではありましたが、普段あまり接する機会のない、職場で働く社会人の生の声を聞いて、生徒さんが今後の進路を考える良いきっかけとなればと思います。


■インタビュー協力
・株式会社クロックワーク北海道(代表取締役 伊志嶺 哉)
・北大ビジネス・スプリングIM室(松居CIM、小山IM、鈴木IM)
 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ