入居者紹介(株式会社機能性植物研究所)




株式会社機能性植物研究所
 株式会社機能性植物研究所は、2005年に設立し、分析技術を通じた社会貢献を目指しています。機能性植物とは、健康機能性、生体調節機能が高い植物の総称です。北海道には、様々な機能性植物が自生しており、この活用が北海道の地域活性化において重要であると考えております。北海道の機能性植物を世界に向け発信するには、機能性成分等の高度な分析技術が必要です。高度な分析技術を基に、市場ニーズに対応する確かな機能性食品を提供することを目的とし、今後、市場ニーズの拡大が予想される、糖尿病予防食品、認知症予防食品などの開発に取り組んでおります。
 また、北海道産の機能性植物(タマネギなどのネギ属野菜など)やシルクアミノ酸等を活用した健康食品等の研究開発を行っております。
居室番号 101号室
代表者役職 代表取締役
代表者氏名 樋口 央紀
施設内で行う
主な事業内容
機能性食品の研究開発
食品機能性成分、医薬品成分、生体微量機能性成分等の分析業務
事業内容 1.糖尿病予防食品の研究開発:桑葉パウダー、桑葉エキス、高機能性大豆醗酵エキス
2.認知症予防食品の研究開発:プラズマローゲン、ルテインなど
3.共同研究開発事業
4.補助事業等の申請書作成支援
設立年月 平成17年8月1日
本社所在地 〒001-0021
北海道札幌市北区北21条西12丁目2 北大ビジネス・スプリング101号室
社員数 3名
Tel 011-374-8189
Fax 011-374-8198
E-mail info@hokkaido-bpi.co.jp
URL http://www.hokkaido-bpi.co.jp/(新規ウィンドウで表示)
その他 2013年11月29日    「健康食品・化粧品ビジネスマッチング2013」に出展
2013年11月18日    「ビジネスEXPO 2013」に出展

 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ