MOBIO-info(1月16日「知財顕彰表彰式」、1月18日、1月19日、MOBIO-Cafe、1月27日「ものづくり基盤技術」のご案内)

2011年12月21日



 1.知財顕彰事業表彰式・記念講演会 1月16日)

― 丸島儀一氏による記念講演会「知的財産戦略が中小企業を救う!」―


 MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)では、今年度から、こうした取組みに挑戦する中小企業を表彰し、自社のプロジェクトをPRすることでブランド化を図る「知財顕彰事業」を実施しています。このたび、今年度の受賞企業の表彰式を行うとともに、受賞企業によるプレゼンテーション並びにキヤノン株式会社元専務取締役の丸島儀一氏による記念講演会を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

大学等研究機関の特許権を活用して事業に生かしている企業と、知的財産戦略の第一人者の生の声を聴ける絶好の機会です。企業の皆様等の積極的な参加をお待ちしております。

【日時】平成24年1月16日(月耀)13時〜15時30分
【場所】クリエイション・コア東大阪 南館3階 技術交流室B
【プログラム】
・表彰式(表彰状授与)
・記念講演
  講演者 キヤノン株式会社元専務取締役 丸島 儀一 氏
  演題 「知的財産戦略が中小企業を救う!」
・受賞記念プレゼンテーション
  マテック株式会社(2011大阪府知財顕彰事業グランプリ受賞企業)
【定員】100名 (定員になり次第、締め切らせていただきます)
【申込締切日】平成24年1月12日(木耀)
【参加費】無料
【申込・問合先】
MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪) 間々田(ままだ)
Tel:06−6748−1052 Fax:06−6748−1062

詳しくは、MOBIOホームページをご参照ください。
http://www.m-osaka.com/jp/event/detail.php?id=478(新規ウィンドウに表示)



 2.MOBIO-Cafe「成功事例に学ぶ中堅・中小製造業の経営戦略」

―組織力向上の秘訣―(1月18日)


製造業において経営品質を高めるためには、高性能な生産・製造設備も大事ですが、それ以上に経営者と同じ価値観を持って業務を遂行することのできる組織が必要です。
組織力を高めるための要素として1.共通目的、2.協働意欲、3.コミュニケーションの3つがあるといわれています。これら3つの要素を高めるには、それぞれの企業に合った仕組みづくりが必要です。
今回のセミナーでは、組織力向上のための仕組みづくりの具体事例として
1.会計事務所の朝礼・環境整備
2.大阪府内製造業の3S活動
について動画を交えて紹介・解説いたします。
また、本セミナーにご参加され、さらに個別の相談をご希望の方には、後日、個別の相談会も開催する予定です。
 
◆◆個別相談会の詳細については、セミナー当日にご案内します◆◆

【講師】三井住友海上火災保険株式会社 竹内 靖人氏(中小企業診断士)
【日時】平成24年1月18日(水耀) セミナー18時30分〜20時、交流会20時〜21時
【会場】MOBIO第1会議室(クリエイション・コア東大阪南館2階)
【定員】30名(申込先着順)
【対象】ものづくり中小企業ほか
【参加費】セミナー無料 交流会費1,000円
【主催】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
【協力】三井住友海上火災保険株式会社
 
詳しくは、MOBIOホームページをご参照ください。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail.php?id=483(新規ウィンドウに表示)


 

  3.「第5回 ニューテクフォーラム in MOBIO-Cafe」

各種材料等に対する表面改質技術とその周辺技術 ―その5― (1月19日)


  ニューテクフォーラムでは、近畿圏の大学、高専、公的研究機関等の保有技術シーズを所属コーディネーター等が分かりやすく紹介することによって産学官の技術交流を進めています。
 技術シーズ保有者(研究者)との連携もコーディネーター等を通してきめ細かく行います。大学等コーディネーター、JSTイノベーションプラザ大阪コーディネーター、地域の技術アドバイザーが有機的に連携して企業の新技術開拓、新製品開発の手助けとなる場にしたいと思います。

【日時】平成24年1月19日(木耀) 17時〜19時30分(交流会を含む)
【場所】MOBIO第1会議室(クリエイション・コア東大阪 南館2階)
【定員】30名(先着順) 
 〇発表シーズ
1.プラスチックへのハードコート膜の製造
2.湿式プロセスによる1μm厚セラミックコーティング膜の製造
3.表面改質による耐熱鋼の高精度仕上げ
4.ガス雰囲気中での紫外線照射による単分子コーティング膜形成方法の開発
5.アクティブスクリーンプラズマ熱処理技術を応用したハイブリッド硬質皮膜の形成
6.摩擦攪拌作用を用いた新しい金属表面改質法
7.真に環境負荷が少ないマグネシウム材料の新規表面処理法

詳しくはMOBIOホームページをご覧ください。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail.php?id=482(新規ウィンドウに表示)


 4.関西大学連続セミナー「ものづくり基盤技術」 in MOBIO 

第3講「金属疲労のメカニズムと対策」のご案内(1月27日)


 グローバル化した経済環境の下では、更なる製品の高付加価値化が求められています。
そのためには、独創的な新技術の開発はもとより、既存の技術を更に進化させることが必要となります。「ものづくりの基盤技術」をコアにして、自社のエンジニアリング力を強化することが重要なのです。
 本セミナーでは、大学等の研究機関からは基盤技術の再確認と最新の研究成果を、企業からは産業界での実際の取組みをご紹介致します。
 ご参加頂いた皆様方におきまして、基盤技術の現状と問題意識の共有が進み、新たな技術開発の端緒となることを期待しております。
皆様のご参加をお待ちしております。

【日時】2012年1月27日(金耀)14時〜 16時50分、16時55分〜交流会
【場所】クリエイション・コア東大阪 南館3階 技術交流室A
【内容】
○「金属材料の疲労破壊と破損事故診断技術」
  大阪工業大学 工学部 教授 西川 出
○「金属疲労のメカニズム」  
  関西大学 システム理工学部 助教 高橋 可昌
○「サブミリサイズ試験片による疲労試験技術の紹介」
  株式会社神戸工業試験場 ソリューション部 副参与 村田 欣三
○「アルミニウム合金の疲労強度に関する改善事例と評価設備の紹介」
  住友金属テクノロジー株式会社 鉄道産機事業部 材料技術部次長 福井 清
【定員】60名
【参加費】無料 (交流会は1,000円)
【お問合せ先】関西大学 社会連携部 産学官連携センター
       大阪府吹田市山手町3−3−35
        Tel:06-6368-1245  Fax:06-6368-1247
        MAIL:syakairenkei@ml.kandai.jp

詳しくはMOBIOホームページをご覧ください。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail.php?id=481(新規ウィンドウに表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ