MOBIO-info(4月19日、4月21日、4月23日セミナーのご案内)

2011年4月13日


1.0419・「中堅・中小企業における新商品開発 ―研究開発をスピード化するには―」 


 

今回のMOBIO-Cafeは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社から、昨年度、企業ヒアリングを通じて、中堅・中小企業が競争力を高めるための取り組みとして有効であるとされた「研究開発のスピード化」をテーマに開催します。
研究開発のスピード化に不可欠なのが、営業部門と開発部門の連携強化、外部との広域なネットワークの形成。
本セミナーでは、このような取り組みを展開するための基本的な考え方や、実務上の運用ノウハウ(具体的な作成資料とその作成ステップなど)を提供します。
また、今回の学んでいただいたノウハウを持ち帰り、実際に作成したプランについては、後日、同社の無料相談によるフォローアップも実施します。(希望者のみ。枠に限りがあります。)

<講師>
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング事業本部経営戦略部 遠藤 慎良(エンドウ チカラ)氏

<内容>
・自社開発にこだわるコア技術と外部調達する技術の明確な区分
・外部技術の調達を目的とした公的支援機関の活用
・自社で活用可能な技術情報の蓄積と見える化
・営業担当者による積極的なニーズ情報の探索手法
・開発担当者が新製品開発へ集中できるしくみ作りなど


■日時:平成23年4月19日(火曜) (セミナー)18時30分〜20時、(交流会)20時〜21時
■会場:MOBIO第1会議室(クリエイション・コア東大阪 南館1階)
■定員:30名程度(定員になり次第、締め切ります。)
■対象:ものづくり中小企業ほか
■主催:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
■参加費:セミナー無料、交流会費1,000円

■申し込みは下記URLからお申込みください。
 http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail.php?id=342(新規ウィンドウに表示)

■問合先:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
       大阪府ものづくり支援課(担当:領家、濱田) Tel:06-6748-1050 


 


2.0421・「製品安全対策(3回シリーズ)」 ―製品安全(PL)対策―事故発生後対策(PLD)」 



今、危機管理が問われています。
その危機管理も事前準備ができていることで機能します。
今、あなたの会社で製品事故が起きてしまった場合に対処できますか。

・製品安全に関連する法律を再確認しましょう。コンプライアンスは当たり前です。
・製品安全に関する保険を再確認しましょう。PL保険だけが保険ではありません。
・社内体制を再確認しましょう。初期対応やマスメディア対策はできていますか。

危機管理意識が高まっている今だからこそ、全社的な取り組みが可能です。
今回は、製品安全に関する法整備や保険などの知識についてお伝えします。

■講師:NPO法人日本テクニカルデザイナーズ協会 伊藤義和氏(PLアドバイザー)
 http://www.jtdna.or.jp/(新規ウィンドウに表示)

■日時:平成23年4月21日(木曜) (セミナー)18時30分〜20時、(交流会)20時〜21時
■会場:MOBIO第1会議室(クリエイション・コア東大阪 南館1階)
■定員:30名程度(定員になり次第、締め切ります。)
■対象:ものづくり中小企業ほか
■主催:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
■参加費:セミナー無料、交流会費1,000円

■申し込みは下記URLからお申込みください。
 http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail.php?id=340(新規ウィンドウに表示)

■問合先:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
       大阪府ものづくり支援課(担当:領家、濱田) Tel:06-6748-1050 


 


3.0423・「グローバルな競争に通用する地域の技術力・活(勝)力アップ」



今回のMOBIO−Cafeは、初めての土曜開催です。
大手メーカーの中堅技術者らが中心となって、ボランタリーな活動をしている「NPOテクノ未来塾」との連携セミナーです。
テクノ未来塾で活動する学界および産業界の方から、技術者の視点でのものづくりや、海外展開を基軸とした基調講演と話題提供を行い、その後、塾生と参加者との討論を行います。
情報の交換を軸に、アジア、中国を中心とする海外への事業展開のあり方、問題点、その対応策などを
お互いに議論をしながら理解できるチャンスです。ぜひご参加ください。

■NPOテクノ未来塾 http://www.techno-miraijuku.com/(新規ウィンドウに表示)

科学技術に携わる企業の中堅技術者を中心に、技術に関心を持つ多くの方々と活動しています。
科学技術を生かした豊かな未来社会を実現すべく、内閣府認可を受けて東京を拠点として全国各地で活動を展開しています。 

■日時 平成23年4月23日(土曜)13時30分〜18分(15時45分〜パネルディスカッション、17時〜交流会)
■会場 MOBIO309会議室(クリエイション・コア東大阪 北館3階)
■定員 30名程度(定員になり次第、締め切ります。)
■対象 ものづくり中小企業ほか
■主催 NPO法人テクノ未来塾/MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
■参加費 無料(交流会費1,000円)
■基調講演:グローバル化の流れの中で、日本が置かれている現状の認識 ―ものづくり経営の本質―

 <講師>阿部 惇立命館大学MOT大学院 テクノロジー・マネジメント研究科長・教授

■事例発表1.:
 ものづくり現場の技術伝承の危うさ
 ―「気づかない」ことにありがちな落とし穴―

 <塾生>中谷康雄 (東京エレクトロンFE株式会社 エリコンソーラーFE部)

■事例発表2.:
 国際競争の失敗に懲りない日本人の発想
 ―新製品開発販売失敗の経験に見る日本人の共通点とヒント―

 <塾生>福井 清 (住友金属テクノロジー株式会社 鉄道産機事業部材料技術部次長)

■事例発表3.:
 中国での現地生産メリット過信の落とし穴 ―現地生産の現状にPDCAは通用するか―

 <塾生>中村光宏 (株式会社キャットアイ 開発本部 主席研究員)

■事例発表4.:
 海外活動中の塾生からの現地情報 ―インド―

 <塾生> 深作伸一(三菱重工業株式会社 工作機械事業部 在インド・チェンナイ)

■討 論 (参加者多数の場合はパネルディスカッションの場合があります)

 <テーマ>海外展開ステップの考え方
  1.中小企業展開の現地展開についての考え方
  2.国内のものづくりをさらに強くするには―

■申し込みは下記URLからお申込みください。
 http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail.php?id=339(新規ウィンドウに表示)

■問合先:MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
       大阪府ものづくり支援課(担当:領家、濱田) Tel:06-6748-1050 

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ