MOBIO-Cafe「企業の事業継続を考えよう―災害などの「緊急事態」に遭遇したとき、あなたの会社はどうしますか?―」(2月10日)

2011年1月19日


地震、火災、停電などの災害や事故(緊急事態)に遭遇したときに、被害を最小限にとどめ、いち早く事業再開ができるかどうかが事業継続のポイントになります。また、平常時の取り組みを含めた災害対策を作成しておくことで、取引先へのアピールや他社との差別化、企業価値の向上にもつながります。
本セミナーでは、第1部では、「災害時に事業者の取組むべきこと」について大阪府の担当者から、第2部では、「事業継続のための取り組み」について、日々の事業活動で実践されている中小企業の方からお話をいただき、中小企業の事業継続の取り組みについて考えます。


【日時】平成23年2月10日(木曜)18時15分〜20時45分
   セミナー 18時15分〜19時45分
   交流会  19時45分〜20時45分

【プログラム】
(第1部)
  「災害時に事業者の取組むべきこと」
   講師:大阪府政策企画部危機管理室 主査 神田 孝志

(第2部)
  「事業継続のための取り組み」
   講師:稀産金属株式会社 取締役 家本 芳太郎 氏

(交流会)※交流会を含めたセミナーですので、ぜひご参加ください。

【場所】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)第1会議室
     (クリエイション・コア東大阪南館2階)
      東大阪市荒本北1-4-17 http://www.m-osaka.com/jp/access/index.html(新規ウィンドウに表示) 

【対象】ものづくり中小企業

【定員】30名程度(先着順で、定員になり次第、締め切らせていただきます。)

【参加費】無料(ただし、交流会費は1000円)

【主催】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
     大阪府ものづくり支援課

※申込み等詳細はこちらをご参照ください。(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ