株式会社ワールド・リンクのトピック

(株)ワールド・リンクが「Bio Japan 2016」に出展されました。(開催日:平成28年10月12日〜14日)

 平成28年10月12日(水曜)〜14日(金曜)まで、横浜のパシフィコ横浜で「Bio Japan 2016」が開催されました。これは創薬、個別化医療、再生医療、診断・医療機器、ヘルスケア、環境・エネルギー、機能性食品、研究用機器・試薬等の分野における展示会で今回が18回目の開催となります。
 クリエイション・コア福岡からは(株)ワールド・リンクが出展し、微生物や腐植土発酵体を使用しての河川や用水池等の水質浄化技術を紹介されました。会期中は約15,000人の来場者が訪れ、大変活気溢れる展示会だったようです。

Bio Japan2016

バイオジャパン2016

(株)ワールド・リンク Bio Japan2016

ワールド・リンクが2つ目の特許を取得されました。(平成28年7月8日)

  205号室に入居されている(株)ワールド・リンクが2つ目の特許を取得されました。
発明の名称・・・固形状重金属被汚染物の処理方法及びセメント固化物の製造方法
特許登録番号・・・特許第5963177号
 

ワールド・リンク特許2つ目

ワールド・リンクが念願の特許を取得されました。(平成28年5月27日)

  205号室に入居されている(株)ワールド・リンクが特許を取得されました。
発明の名称・・・重金属汚染水の処理方法、固形状重金属被汚染物の処理方法及び重金属除去処理用組成物
特許登録番号・・・特許第5938784号

ワールド・リンク特許

(株)ワールド・リンクが「拡大版エコ塾inおおいた」でプレゼンされます。(開催予定日:平成27年9月17日)

  平成27年9月17日、大分県のホルトホール大分で「拡大版エコ塾inおおいた」が開催されます。これは、K−RIP及び九州経済産業局が毎月1回行っている環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を大分県主催の環境ビジネス支援セミナーと合同で開催されるものです。
  今回は「廃棄物利用・削減」がテーマで、泥土改良処理デイサット工法(R)及び重金属処理技術について株式会社ワールド・リンク代表取締役 藤龍一氏がプレゼンされます。今年五月に国土交通省新技術登録(区分:材料)された泥土改良技術デイサット工法Rを紹介されます。

(株)ワールド・リンクが国連ハビタット「第6回環境技術専門家会議」でプレゼンテーションをしました。(開催日:平成26年12月10日)

  平成26年12月10日〜11日に福岡市の博多エクセルホテル東急で国連ハビタットの「第6回環境技術専門家会議」が行われました。会議では、アジア太平洋地域(インドネシア、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、ベトナムなど)から自治体・国連の専門家を招聘し、大変要望の高い【廃棄物】【スマート・シティ】分野が取り上げられました。アジアの都市からは、現状・課題・具体的なニーズについての報告、九州を中心とした国内の自治体および企業からは、同分野における先進的な技術や取り組みの紹介がありました。その中の【廃棄物】分野でクリエイション・コア福岡の(株)ワールド・リンクがプレゼンテーションを実施しました。

第6回環境技術専門家会議

(株)ワールド・リンクが中国企業と業務提携されました。

  12月5日、九州経済産業局において205号室に入居されている(株)ワールド・リンクが中国の水銀製造大手「貴州銀星集団」と土壌汚染対策で業務提携の覚書(MOU)を締結されました。年内にも中国に合弁会社を設立し、中国全土で事業展開を行われます。今後は銀星集団が受注する汚染処理工事に対して(株)ワールド・リンクが薬剤提供や技術指導を担当して業務拡大を目指されるようです。締結式で藤社長は、「お互いの強みを生かして成長したい」と話されていました。今回の業務提携に関する記事が日本経済新聞(12月5日付)・日刊工業新聞(12月6日付)・西日本新聞(12月6日付)にも掲載され、今後お問合せも増えそうです。

 

12月5日締結式1

12月5日締結式2

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ