D-egg Salon「知財勉強会(初級〜中級)」第2回開催しました。

7月16日(木曜)、第2回目となる「知財勉強会」を開催しました。

前回の「企業活動と知的財産」の勉強会をふまえての今回は、「有効な発明の発掘方法と特許の活用方法」について勉強しました。
特許出願書類の作成力について特許事務所・知財担当者・発明者のそれぞれで思考範囲が異なることや、発明技術を説明する日本語についても特許独特の文章表現で、権利解釈時に問題が多いため、分かり易いことが大事だということなどについてお話しいただきました。

この勉強会も回を追うごとに参加される人数も増えてきています。
途中から参加される場合は、これまでの資料もお渡しいたしますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。


【日時】平成27年7月16日(木曜)14時〜16時
    勉強会  14時〜15時30分
    質疑応答 15時30分〜16時

【場所】D-egg 2階会議室
   (京都府京田辺市興戸地蔵谷1番地 同志社大学京田辺キャンパス)

【講師】厳樫 邦弘(いづかし くにひろ) 氏
    
    同志社大学理工学部 嘱託講師


*D-egg Salonとは*
D-eggの入居企業が事業運営において直面しやすい課題に関するテーマにてセミナーを実施することで、事業化及び事業の拡大の促進に寄与することを主な目的とします。

2th_degg_salon1

2th_degg_salon2

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ