中国交流人材育成事業研究員の視察がありました。

2014年11月6日

11月6日(木曜)、京都府国際課に来られている中国人交流生が京田辺市を視察されました。

 

D-eggでは、施設の概要や立地場所の京田辺市や同志社大学について説明したほか、入居企業の株式会社ジェイシーエム(http://e-jcm.com/(新規ウインドウで表示))の居室見学や竹を使用したLEDライトのライトアップ事業についてご説明をいただきました。D-eggの後には、京田辺の特産品である、玉露について市内のお茶屋さんで勉強会をされるそうです。

※京都府では、平成22年度から毎年、中国人交流人材育成事業研修員の受入れを行っており、研修の一環として、京都の歴史、伝統、文化に触れることにより知識や見聞を広め、京都の魅力を中国に向けて発信してもらえるよう、実施しています。

 

中国研修員1

中国研修員2

中国研修員3

中国研修員4

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ