観音寺周辺の桜と菜の花がライトアップされました!

2013年4月8日

4月6日(土曜)、7日(日曜)の夜に京田辺市普賢寺の観音寺にて、ライトアップが行われました。

この事業は、京田辺市と同志社大学、D-egg入居企業の株式会社ジェイシーエム(http://e-jcm.com/index.html(新規ウインドウで表示))が連携して取り組んだ産官学連携事業です。市役所の職員の方々とジェイシーエムの方で大学周辺の竹を伐採し、その竹と蛍光灯型のLEDライトを使って観音寺までの参道と菜の花を照らし、本堂と桜は投光器で照らされました。
6日(土曜)はあいにく悪天候のため中止となりましたが、7日(日曜)は雨もやみ、地元の方々に観に来ていただくことが出来ました。
観音寺ではライトアップ期間中、国宝の十一面観音像と本堂の夜間拝観も実施されていたのですが、昼間に観るのと違い、とても幻想的でした。

秋には紅葉が名物の「一休寺」でも同じ取り組みを計画されているので、また違ったライトアップを観ることが出来るのではないでしょうか。


*観音寺周辺ライトアップ事業*
■日時:4月6日(土曜)、7日(日曜)
    18時〜21時
 

観音寺ライトアアップ事業(1)

観音寺ライトアアップ事業(2)

観音寺ライトアアップ事業(3)

観音寺ライトアアップ事業(4)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ