健保組合が”脳梗塞リスク判定サービス”(アミンファーマ)を定期健診に採用!(日刊工業新聞 5月5日 11面)

2011年5月11日

当インキュベーションに入居している(株)アミンファーマ研究所は、千葉県機械金属健康保険組合の定期健康診断に血液検査で脳梗塞のリスクを評価するサービスを始めました。
 健康保険組合が費用を負担するのはこれが最初のケース。

 同組合では、50歳以上の組合員を対象に実施し、脳梗塞の早期発見や発症予防に役立て総医療費の抑制を図る。また、普及途上にある先端的なサービスを取り入れることで、組合に加入する事業主の増加にもつなげる

(株)アミンファーマ研究所ホームページ(新規ウィンドウで表示)

中小機構のインキュベーション事業

このページの先頭へ