千葉大亥鼻イノベーションプラザ内検索

事業案内

千葉大亥鼻イノベーションプラザ

当施設は、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、「中小機構」)が、千葉県、千葉市及び千葉大学等と連携して、千葉大学亥鼻キャンパス内に整備し、さまざまな支援ツールや情報を提供し、大学等が有する先端医療分野、医工連携分野の研究成果を活用した起業や創業活動、中小企業の新事業展開等を総合的にサポートする大学連携型起業家育成施設(インキュベーション施設)です。

起業を目指す大学等の研究者、中小企業が大学等と連携して行う新事業展開を支援することにより、新事業・新産業の創出を図り、地域社会に貢献することを目的としています。

なお、千葉大学と共同研究を行うことで、学内の施設(図書館、動物実験施設等)及び設備(学内LAN等)も利用できます。

また、本施設には支援スタッフ(インキュベーション・マネージャー)が常駐し、各支援機関と連携を取りつつ、起業や創業活動、企業の新事業展開等を総合的に支援していきます。

スタッフ紹介

環境保全について

中小機構は、当施設が、千葉市環境保全条例第97条に規定する先端技術関係施設であり、千葉大学の敷地内に立地していることから、千葉大学並びに千葉県及び千葉市と連携して、当施設への入居者が環境保全に係る各種法令を遵守し、かつ、千葉大学の環境保全及び各種規程等に準じた事業活動を行うよう指導、監督することを基本とします。

また、当施設は、千葉市先端技術関係施設に関する環境保全指導指針第7条に基づき、化学物質等の管理及び環境汚染並びに災害事故の防止措置を的確に遂行するための自主管理マニュアルを作成し、入居者がこのマニュアルを遵守するための措置を講じています。