入居者の声

 中小機構のインキュベーションは全国550社を超える社にご利用いただいています。インキュベーションマネージャーによる支援や、事業ステージに応じた事業スペースなどにメリットを感じていただいております。

浜松イノベーションキューブ(HI-Cube)入居企業

パイフォトニクス株式会社  代表取締役 池田 貴裕 氏

HI-Cubeに入居したことをきっかけに、社員増加、事業所拡張、資金調達、各種受賞など大きく事業を進展することができました。インキュベーションマネージャーの方々を通じた各種相談、情報入手が可能となり、人的ネットワークの拡大にも繋がりました。施設隣には静岡大学があり最先端の研究開発拠点としても、施設内には商談室や会議室も配備され新規事業の営業拠点としても適しています。セミナーを通じた勉強と出会いの機会もあります。賃料補助制度もあり、新規事業のスタートアップとして格好の場所です。皆様HI-Cubeでやらまいか!

立命館大学BKCインキュベータ入居企業

株式会社フォーサイトウェーブ  代表取締役 辻井 美智子 氏

2009年に立命館大学BKCインキュベータに入居しました。現在は企業を対象にITネットワーク関連を中心に、県内の中小企業・事業所をターゲットとして、サービスを提供しています。今後は滋賀県ならではのサービスを開発することにより、県のイメージアップに繋げたいと思っています。入居してよかったことは、近くにサーバ拠点があるので、問題が生じてもすぐ対応できることが挙げられます。また、滋賀県では多くの支援を受けることができ、またインキュベーションマネージャーの方もフレンドリーで、相談しやすい環境が整っています。

岡山大インキュベータ入居企業

株式会社農(みのり)微生物発酵研究所  所長 原 和志 氏

弊社は岡山大インキュベータ入居と同時に起業しました。入居時、インキュベーションマネージャーの支援で研究開発助成金を獲得することができ、生まれたばかりのベンチャー企業にとって資金面で大変助かりました。お蔭様で2件の特許出願につながり、製品化も間近いです。岡山大インキュベータ入居の最大のメリットは共同研究している岡山大学農学部まで徒歩3分ほどの近さにあることです。このロケーションの良さが研究開発のスピードアップに直結しています。また、入居者同士が交流できるのもインキュ施設ならではの良さでうれしいですね。

神戸医療機器開発センター(MEDDEC)入居企業

株式会社アルス
取締役メディカル事業部長兼メディカルセンターセンター長 谷田部 弘 氏

(株)アルスは、これまで産業用内視鏡カメラや映像技術を主体に事業を展開してきましたが、医療への参画を目指し、2012年4月、神戸医療機器開発センター(メデック)に入居いたしました。まだ1年も経ていませんが、医療関連事業の展開に向けたスタッフ方々の支援が充実しており、更にメデックに入居されています他の医療機器関連企業とのコラボレーションも早々に進捗するなど、そのメリットの高さに感謝をしております。今後も様々な支援メニューやイベント情報などを活用しながら事業の拡大を目指します。

お問い合わせ先

独立行政法人中小企業基盤整備機構
経営支援部 創業・ベンチャー支援課
電話:03-5470-1574