お問合せ
  ハウトゥー高度化 中小企業と地域振興をもっとサポート 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
ホーム お知らせ 明日をひらく高度化事業 工業団地をつくろう 高度化事業のメリット 活用事例 FAQ
高度化資金活用ポイント 工業団地づくりの進め方 工業団地計画の推進上の留意点(1) 工業団地計画の推進上の留意点(2) 工業団地計画の推進上の留意点(3) 円滑な計画推進のポイント 工業団地づくりのステップ
 

工業団地計画の推進上の留意点(1)

中小企業が共同して行う工場団地計画の推進は、個別企業が単独で行う場合と異なり、幾つかの新たな取り組みが求められます。万一こうした事がおろそかにされますと、せっかくの経営の近代化実現の機会が失われたり、共同して行うことに伴う困難に直面し余分な時間やコストを招くことになります。そこで、計画の円滑な推進のため、早い段階、特に構想〜基本計画の段階で十分検討すべき基本的な事項に係る留意点を述べます。

 集団化目標の明確化と共有

まず、集団化目標、即ち何を目的としてどのような団地をつくりたいのか(コンセプト)を明確にし、参加企業の意思統一を図り全員が共有することが重要です。これが欠けていると、団地の姿、組合事業内容、施設計画等が定まらず、単に工場が集まっただけで集団化効果が十分発揮されない団地になります。

1.集団化目標の考え方

集団化目標は、「どのような団地をつくるか」と「団地において集団として何を行うか」が重要ポイントとなりますが、次の様な要素について検討する必要があります

「どのような団地をつくるか」
ア.参加企業の企業立地基盤として
  (例)緑豊かな工場公園団地
イ.企業集団として
  (例)多様性を活かして相互交流により新しい可能性を追求する企業集団
ウ.地域社会との関係において
  (例)地域から信頼され愛される団地

1.「集団として何を行うか」
集積のメリットを活かしてどのような共同事業等を行うかの要素です。
ア.集団で行うことが効率的な事業
  (例)共同加工、購入等
イ.集団でなければ成し得ない事業
  (例)共同受注、団地内受発注、相互補完による新製品開発、技術交流、個別では採算不可能な事業等

2.検討に当たっての留意点
参加企業が個別に保有する将来目標を早い段階から持ち寄り、各社に共通し、かつグループ全体のテーマとして取り上げることが効果的と目される目標を掘り起こすことが大切です。また、1で述べたような多角的な側面から幅広く検討し、現状の課題解決に止まらず将来のあり方を先取りする姿勢も必要です。

 参加企業の選定・確保と集団化意識

工場団地計画の円滑な推進、成功の鍵は、団地としての目標共有と、目標の実現に向けた参加企業の熱意と協調性の強さにあると言っても過言ではありません。
団地によって参加企業の集め方はさまざまです。市や商工会議所等が公募する場合と参加者が自らの手で集める場合があります。また、参加者の業種構成も異業種団地の様に多様化していきます。

従って、どのような募集形態、業種構成であっても、参加メンバーは、集団化目標に対する理解と参加の強い意思を持っていることが前提です。組合組織への理解、協調性、責任感、近代的な経営感覚を持ち、健全な経営を行っていることも大切です。
 また、集団化目標に照らして、必要な業種や必要な技術レベルの企業の参加を得ることも検討すべきことです。このような条件を満たす企業の中から、原則として10社以上(特別の理由がある場合は、5社以上で実施)を確保することがまず重要な前提となります。

次に参加メンバーがほぼ決まったら、団地進出の意思を固め、団地づくりへの結束力を強め、集団化意識の高揚を図り運命共同体として、参加組合員の意識を固めることが重要です。これは、時間がかかることでもありますので、できるだけ早く次の取り組みをスタートさせることが必要となります。

◎団地設立準備会など参加者による組織の設立
◎参加者の相互理解と親睦のための集会や相互見学会の開催
◎制度や計画作成の勉強会、先進団地の視察
◎団地建設に必要な自己資金の積立の開始

 
Copyright© 2004- Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, JAPAN