お問合せ
  ハウトゥー高度化 中小企業と地域振興をもっとサポート 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
ホーム お知らせ 明日をひらく高度化事業 工業団地をつくろう 高度化事業のメリット 活用事例 FAQ
高度化資金活用ポイント 工業団地づくりの進め方 工業団地計画の推進上の留意点(1) 工業団地計画の推進上の留意点(2) 工業団地計画の推進上の留意点(3) 円滑な計画推進のポイント 工業団地づくりのステップ
 

工業団地づくりの進め方

 計画推進のステップ

1. 構想〜基本計画の段階

まず、企業の経営課題を踏まえ将来の経営展開の構想から、工場団地推進の意志決定、団地の骨格となる基本計画決定までの極めて重要なステップです。特に運命共同体としての工場団地の基盤となるメンバー固め・組織づくりと団地コンセプトづくりを行う過程では、明確な目標を立て、これを共有することでメンバーの連帯感と集団化意識を高めていくことが必要です。
ここで行うメンバー確定、用地選定には時間もかかります。メンバーの情熱と強力なリーダーシップが成功の鍵を握っています。

2. 計画づくりの段階

基本計画に基づき、組合計画・組合員計画との整合性をとりながら具体的な計画書に展開していく段階です。この計画づくりと開発許可等は並行して進めていくことになるとともに、各社の団地内への配置・レイアウト決定等各社の調整等が重要です。次に計画書が出来ると計画診断を受けることになります。診断は、県・中小機構等支援機関が計画書に基づきその実現性・妥当性の観点から検討し、問題点の抽出、改善の方向を助言するものです。この助言に沿って組合が計画修正を行って初めて全体計画が認められ、次のステップへ進むこととなります。

3. 建設の段階

各社の工場等の建設に入る前に、前段階の各計画を更に実行レベルの計画にして、同様な診断(建設診断)を受けることとなります。そして、建設の着工へとこぎつけます。

4. 完成・運営

工場団地の完成後、組合員が移転し、工場団地が完成すると運営の段階に入り、計画の実現に向けた実質的なスタートとなります。

 
Copyright© 2004- Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovation, JAPAN