トップページ(富山県・石川県・福井県の中小企業と地域振興を応援!中小機構北陸) > 中小機構北陸について > 業務連携 > 「事業承継の円滑化に関する協定書」締結調印式(金沢弁護士会)

「事業承継の円滑化に関する協定書」締結調印式(金沢弁護士会)

中小機構北陸本部(本部長 綿引淳一)は、金沢弁護士会(会長 飯森和彦)と「事業承継の円滑化に関する協定書」を平成26年9月26日(金曜)に締結いたしました。 

なお、中小機構が事業承継支援に関し弁護士会と協定書を締結するのは全国初の取り組みになります。

本協定書締結の目的は、北陸地域の健全な経済発展と就業機会の維持増大に向けて、中小機構北陸本部と金沢弁護士会との間で連携を図り、円滑な事業承継を促進するべく協力することにあります。

具体的には、中小機構北陸本部が、事業承継の支援を行う地域金融機関等に対し、講習会の開催や事業承継コーディネーター(外部専門家)による相談対応等を行い、課題の抽出や承継計画の策定に係る側面支援を実施し、その後、金沢弁護士会が当該支援に適切な弁護士を紹介及び派遣することによって、中小企業が抱えるより高度で専門的な事業承継課題を円滑に解決する支援体制を構築いたします。

この協定書の締結を契機に、中小機構北陸本部と金沢弁護士会の双方に連絡窓口を設置し、中小機構の支援メニュー、地域の中小企業の実態や課題、支援ニーズなどについて密な情報交換を図ることで、企業の実情や個別の課題に即した、より効果的な経営支援の実施を目指します。

  • 協定書を交わす綿引本部長(左)と飯森会長(右)
    協定書を交わす綿引本部長(左)と飯森会長(右)

本件に関するお問い合わせ先

中小機構 北陸本部  経営支援課 担当:早川、宇都木

電話:076-223-5546