トップページ > 経営支援・相談 > 工場診断の体験談 > 川越製袋株式会社

川越製袋株式会社

  • 代表取締役 川越 良 氏 (平成27年7月9日)

    川越仁会長、川越現営業部長、川越良社長

    (Q.1)貴社のセールスポイントを教えて下さい。

    (A.1)お客様により良いものを渡すため、工場内では「後工程はお客様」と思って仕事をし、道外企業に負けない品質を目指しています。

    (Q.2)工場診断を受けたきっかけは?

    (A.2)北洋銀行からの紹介です。「自分たちだけでできることには限度があるので、診断を受けて自分たちが変わるポイントを見つけたらどうですか?」とアドバイスを受け、受診することにしました。

  • (Q.3)工場診断が役に立つと思うポイントは?

    (A.3)診断チャートを見ることで、なにが課題でなにをやるべきかが見えてきました。

    (Q.4)工場診断をより良くするためのご意見をお願いします。

    (A.4)1度の診断だけでは分からないこともあると思うので、複数回診断(指導)してもらうのが必要ではないかと思います。

    (Q.5)工場診断実施後に専門家を長期的に派遣する支援制度もありますが?

    (A.5)ぜひ受けて、これを機会に生まれ変わろうと思います。

    ○堀口CADから一言
    工場診断には「(写真左から)会長、営業部長、社長」に出席してもらえました。9月から私が指導に入る前提で専門家派遣をお申込みいただくことになりました。企業の改善への意欲が強いので、成果が大いに期待できます。

    川越製袋株式会社(新規ウィンドウ表示)