トップページ > 経営支援・相談 > 工場診断の体験談 > 株式会社アグリアシスト

株式会社アグリアシスト

  • 統括部長 松田 伸之氏 (平成27年5月22日)

    株式会社アグリアシスト 松田部長

    (Q.1)貴社のセールスポイントを教えて下さい。

    (A.1)酪農家毎に(飼っている牛群構成毎に)完全個別設計でTMR飼料を作って供給し、その結果、酪農家の経済効果を上げていくのがセールスポイントです。北海道では弊社しかやっていないと思います。

    (Q.2)工場診断を受けたきっかけは?

    (A.2)工場の稼働率を上げないと、これ以上生産高が伸びないと思っていたところに、(公財)とかち財団から工場診断の紹介があり「改善につながれば!」と思って、工場診断を受けることにしました。

  • (Q.3)工場診断が役に立つと思うポイントは?

    (A.3)様々な企業を見てきた堀口CADに他社と比較して見てもらえたので、自分の工場の現状や問題点が正確にわかりました。

    (Q.4)工場診断をより良くするためのご意見をお願いします。

    (A.4)専門的な知識がほしい場合は「農業試験場のこの人に相談したら・・・」といった情報ももらえると助かります。つまり、工場診断のように俯瞰的に見てくれる人と、専門的に指導してくれる人の両方がいると良いですね。

    (Q.5)工場診断実施後に専門家を長期的に派遣する支援制度もありますが?

    (A.5)ぜひ専門家を派遣してほしいので社長に相談します。

    ○堀口CADから一言
    「完全個別設計での混合飼料供給」の必要性を語ってくれた松田部長には大変感銘を受けました。

    株式会社アグリアシスト(新規ウィンドウ表示)