ファンド出資 >  事業概要 >  ベンチャーファンド

ベンチャーファンド



ベンチャーファンドの仕組み(スキーム図)


投資会社等が組成する設立7年未満のアーリーステージにあるベンチャー企業への投資・ハンズオン支援を目的としたファンドに対し出資を行い、ベンチャー企業等を資金面及び経営面から支援します。
個別企業への投資は、各ファンドを運営する投資会社等が行います。

※平成22年7月15日より起業支援ファンド出資事業へ移行しました。

 

▼J-NET21では、ベンチャーファンド出資事業をより分かりやすくご紹介しています。(新規ウィンドウ)


1.投資対象


主に設立7年未満のアーリーステージにあるベンチャー企業(原則として株式公開を目指す企業が対象)。


2.支援方法


・株式や新株予約権付社債の取得等による資金提供
・無限責任組合員による経営面のハンズオン支援及び中小機構の各種支援等により、企業の成長発展を支援


ファンドから投資を受けたい方はこちら