ファンド出資 >  調査関連/情報提供 >  お知らせ一覧 >  「あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合」の組成について

「あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合」の組成について

平成24年2月20日

 

 中小企業成長支援ファンド「あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合」の組成について

― 東日本大震災により業況が悪化した中小企業を支援 ―

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)は、ファンド出資事業において、「フェニックス・キャピタル株式会社」を無限責任組合員とする投資事業有限責任組合に対し、中小機構出資分として4億円を出資することで合意し、組合契約を締結しました。

 『あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合』(以下、「本組合」)は、東日本大震災により業況が悪化した中小企業に対して、設備投資や資本増強の資金を提供し、新事業展開・転業・事業の再編・承継等による新たな成長・発展を通じて、早期の復興を支援するファンドです。

 本組合は中小機構出資分を含め当初8億円のファンド規模で設立され、最大30億円までファンド総額を拡充していく予定です。

 中小機構は、既に実施している東日本大震災に関する各種の支援策に加え、本組合に出資を行うことで、中小企業の復興を支援して参ります。
 

 (参考)
 【中小機構ファンド事業出資実績】  平成24年2月末現在

ファンド総数 ファンド総額 うち中小機構出資約束総額
158 3,921億円 1,789億円

 

詳細につきましては 下記ホームページをご覧下さい。 

事業概要         

 

◆「あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合」の概要

  •  「あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合」は、フェニックス・キャピタル株式会社(東京都・代表取締役 三村 智彦)を無限責任組合員として設立された投資ファンドです。
  • フェニックス・キャピタル株式会社は、平成14年1月に設立された、主として事業再編・事業再生系のファンドを運営している投資会社です。 
組合名 あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合
ファンド総額 当初8億円(最大30億円)
無限責任組合員 フェニックス・キャピタル株式会社(※1)
有限責任組合員

中小企業基盤整備機構、投資ファンド

設立 平成24年2月20日
存続期間 8年(2年延長可能)
投資期間 2年

 (※1)フェニックス・キャピタル株式会社
本社所在地:東京都千代田区丸の内2−2−1
代表取締役:三村 智彦
設立日:平成14年1月21日
資本金:10百万円
事業内容:投資事業有限責任組合の運営等
 

 【スキーム図】

「あさひリバイタルファンド投資事業有限責任組合」スキーム図

【本件に関するお問い合わせ先】

独立行政法人 中小企業基盤整備機構
ファンド事業部ファンド審査第二課(野村、吉田)
住所:〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル
電話: 03 − 5470 − 1570(ダイヤルイン)
ホームページ:http://www.smrj.go.jp/fund/index.html