ファンド出資 >  調査関連/情報提供 >  お知らせ一覧 >  起業支援ファンド「ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合」に4億円の出資を決定

起業支援ファンド「ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合」に4億円の出資を決定

 

独立行政法人中小企業基盤整備機構

平成23年8月22日

 

起業支援ファンド「ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合」に4億円の出資を決定

 ―中小機構が出資する初の起業支援ファンド
兵庫県内の有望なベンチャー企業を支援― 

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)は、新事業開拓促進出資事業(ファンド出資事業)において、「日本ベンチャーキャピタル株式会社」を無限責任組合員とする投資事業有限責任組合に対し、中小機構出資分として4億円を出資することで合意しました。
 『ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合』(以下、「本組合」)は、兵庫県内に本社または拠点のある、主にアーリーステージのベンチャー企業や中小企業に投資を行います。投資対象分野としては、ナノテクノロジー、情報通信、エレクトロニクス、健康・医療、環境・エネルギー、ロボット・人工知能等、先端技術を基盤とする分野などを予定しています。また、併せてハンズオン支援を通じて投資先企業の育成に努め、企業価値の向上を目指していきます。
 平成23年8月29日に予定されている本組合の契約締結により、中小機構出資分を含め総額10億円のファンド規模となる見込みです。
 引き続き中小機構では、全国9ヵ所の支部等が有する支援ツール等を最大限に活用しながら、中小企業を支援してまいります。
   

 (参考)
 【中小機構ファンド事業出資実績】  

ファンド総数 ファンド総額 うち中小機構出資約束総額
146 3,229億円 1,364億円

(1)平成23年7月末現在 

(2)詳細につきましては 下記ホームページをご覧下さい。 

起業支援ファンドについて        

 

 【本件に関するお問い合わせ先】
独立行政法人 中小企業基盤整備機構
ファンド事業部ファンド審査第一課(水上、杤本、坂本)
住所:〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル
電話: 03 − 5470 − 1673(ダイヤルイン)

 

◆「ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合」の概要

  • 「ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合」は、日本ベンチャーキャピタル(株)(東京都港区・奥原主一代表取締役社長)を無限責任組合員として、平成23年8月に設立予定の起業支援ファンドです。
  • 日本ベンチャーキャピタル(株)は、自らベンチャー企業を興し、各分野で成功をおさめている事業家や、ベンチャー支援に熱意を持つ大手企業などが結集し、ハンズオン支援型のベンチャーキャピタルとして、平成8年に設立されました。 

 

(スキーム図)

 

「ひょうご新産業創造ファンド投資事業有限責任組合」スキーム図