ファンド出資 >  調査関連/情報提供 >  お知らせ一覧 >  中小企業成長支援ファンド「MCPメザニン2投資事業有限責任組合」の組成について

中小企業成長支援ファンド「MCPメザニン2投資事業有限責任組合」の組成について

独立行政法人中小企業基盤整備機構

平成23年6月20日

 

 中小企業成長支援ファンド「MCPメザニン2投資事業有限責任組合」の組成について

― 中小機構が出資する初のメザニンファンド、被災企業の復興支援も対象 ―

 

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)は、新事業開拓促進出資事業(ファンド出資事業)において、「MCPM2株式会社」(以下、「MCPM2」)を無限責任組合員とする投資事業有限責任組合の組成について合意し、40億円の出資を行う組合契約を締結しました。
 『MCPメザニン2投資事業有限責任組合』(以下、「本組合」)は、みずほフィナンシャルグループが有する広範なネットワークを最大限活かしつつ、ファンドの支援により成長が期待できる中堅・中小企業を中心に、新事業展開、事業再編、事業承継等のための資金を提供します。
 本組合は、議決権のない優先株や劣後債などの「メザニン(中二階)」と言われる資金の提供に特化したファンドです。メザニンを活用することにより、企業は、議決権を維持したまま自己資本を厚くして新規事業や海外展開にチャレンジしたり、定期的な返済の負担なく事業資金を調達して設備増強や店舗拡大を加速させたりすることが可能となります。
 東日本大震災の直接又は間接の被害を受け、一時的に財務が悪化した等の企業に対しても、資本増強や事業継続資金の提供等を行い、復興を支援することが可能です。
 中小機構がメザニンファンドに出資するのは今回が初めてとなります。中小機構では、今回の出資を通じて、従来大企業を中心に利用されてきたメザニンが、中小企業においても利用が進むきっかけとなることを期待しています。

 

 (参考)
 【中小機構ファンド事業出資実績】  平成23年4月末現在

ファンド総数 ファンド総額 うち中小機構出資約束総額
144 3,055.4億円 1,298.3億円

 

詳細につきましては 下記ホームページをご覧下さい。 

中小企業成長支援ファンドについて        

 

 【本件に関するお問い合わせ先】
独立行政法人 中小企業基盤整備機構
ファンド事業部ファンド審査第二課(野村、大穂)
住所:〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル
電話: 03 − 5470 − 1570(ダイヤルイン)

 

◆「MCPメザニン2投資事業有限責任組合」の概要

  • 「MCPメザニン2投資事業有限責任組合」は、MCPM2株式会社(東京都千代田区・代表取締役亀井温裕)を無限責任組合員として設立された投資ファンドです。
  • MCPM2は、本組合の運営管理業務の一部をみずほキャピタルパートナーズ株式会社(以下、「MHCP」)に委託します。MHCPは、みずほフィナンシャルグループの一員であり、平成12年の設立以来、MBOファンド、メザニンファンドの運営サポートで豊富な実績を有しています。
     
組合名 MCPメザニン2投資事業有限責任組合
ファンド総額 121.3億円(※1)
無限責任組合員 MCPM2株式会社(※2)
有限責任組合員

中小企業基盤整備機構(40億円)

(株)みずほ銀行、機関投資家等

設立 平成23年6月20日
存続期間 10年
投資期間 5年

 (※1)設立当初のファンド総額。MCPM2では、今後1年程度を目途に引き続き 出資者の募集を行う予定。

(※2)MCPM2株式会社
本社所在地:東京都千代田区
代表取締役:亀井 温裕
設立日:平成20年8月7日
資本金:30百万円
事業内容:投資事業有限責任組合の運営等
 

【スキーム図】

「MCPメザニン2投資事業有限責任組合」スキーム図