20161201
2/4

熊本地震「グループ補助金」第2回交付熊本・大分の件を採択中 企 庁景気動向6割の企業が「実感なし」日銀の金融緩和策国内景気は建設や自動車が牽引社が独自技術アピール「サポインテック2016」関東経産局成長戦略・事業承継M&Aの活用を東商がセミナー2部門で大賞選出「九州未来アワード」表彰式「製品・技術」「サービス」 計社を表彰東京都「世界発信コンペ」表彰式 経済産業省・中小企業庁は月1日、平成年度熊本地震復旧等予備費予算による「中小企業等施設等復旧整備補助事業」(グループ補助金)の第2回の交付について、熊本県のグループ、大分県の7グループに交付を決定した。補助総額は・1億円(うち国費・7億円)。 グループ補助金は、被災地域の中小企業などのグループが復興事業計画を作成し、地域経済・雇用に重要な役割を果たすとして県から認定を受けた場合、施設・設備の復旧や整備に対し、国が2分の1、県が4分の1または6分の1を補助する。また、従前の施設等への復旧では、事業再開や継続、売り上げ回復が困難な場合、新分野の需要開拓などを見据えた新たな取り組み(新商品製造ラインへの転換、生産効率向上、従業員確保のための宿舎整備など)についても支援する。 第2回で採択した案件は次の通り(グループ名、代表者、代表者所在地、業種の順)。◇ 【熊本県】 ▽熊本観光復興どぎゃんかなるよグループ=ひかり(福岡市)ホテル等施設設備の保有会社、ビジネスホテルの運営等▽元気発信!熊本駅前復興グループ=熊本駅前ビル(熊本市)ホテル業、写真撮影業、美容業、貸衣装業、サービス業等▽健軍商店街震災復興グループ=健軍商店街振興組合(同)介護福祉事業、小売業、飲食業、タクシー業・貸切バス事業等▽熊本産業団地協同組合グループ=熊本産業団地協同組合(上益城郡)自動車販売業、商業施設建設業等▽地域に密着した宇土市商店会=エフワンオザワ(宇土市)紳士服小売業、食品・青果鮮魚・酒・米小売業、婦人服小売業、家電販売業、建設業、金物販売、薬局、飲食業等▽熊本地震の被災事業者の復旧・復興を支援するグループ=熊本第一信用金庫(熊本市)信用金庫、税理士法人、ハウスメーカー、債権管理・回収業、介護事業、薬品小売業、労働者派遣業等▽ダイケン地域復興グループ=ダイケン(合志市)印刷・広告業、学習塾経営等 ▽熊本ゴルフツアー復興組合=中央ゴルフ(菊池市)ゴルフ場経営、鉄道事業、観光事業、自動車部品卸売業、経営コンサルタント、ホテル運営等▽宇土市街地商店街老舗のれん会=田尻寿司 田尻正三(宇土市)飲食業、呉服小売業、畳製造業、美容業等▽熊本県健康産業(医薬品、医療機器、化粧品、健康食品等製造業)及び関連企業復興グループ=阿蘇製薬(菊陽町)医薬品等製造販売、分析試験業務及び施設貸与、医療用衛生材料等の流通、製造販売等▽熊本フーズタウングループ=キタムラフーズ(熊本市)食品団地運営、スーパー納入、飲食店への納品、菓子類の納品、業務用惣菜納入、量販店への納入等▽熊本県公安委員会指定自動車教習所復興グループ=菊陽自動車学校(菊池郡)自動車教習所業務等▽山都町商工会復興グループ=山都町商工会(上益城郡)日本酒製造業、小売業、医療、介護サービス事業、飲食業、自動車整備販売業、運送業、建設業等▽新生・南阿蘇村の観光サービスを興す会=地獄温泉 清風荘(阿蘇郡)旅館業、飲食業、建築業、コインランドリー、ゴルフ場、助産院、製造業、美術館、サービス業、観光農園、タイヤ卸業等 ▽熊本復興を支える建材流通グループ=丸昭(熊本市)物流倉庫管理・商品の保管、設備機器の提供等▽がんばるけん!R阿蘇乙姫=ペンションスヌーピー(阿蘇市)ペンションの管理運営、民宿の管理運営、観光牧場の管理運営、タクシー事業の管理運営等▽人吉温泉女将の会「さくら会」によるおもてなし観光推進グループ=鮎里ホテル(人吉市)宿泊業、飲食業、ブライダル業、温泉施設、酒類の製造及び販売、観光サービス業、総合アウトドアツアー事業、設備工事業等▽甲佐町関連復興プロジェクト=木村(熊本市)健康食品の製造及び販売、介護サービス業、豆腐製造・販売、病院事業・介護事業、病院及び老人介護施設等の経営等▽大津町企業連絡協議会グループ=イズミ車体製作所(菊池郡)卸売業、物流業、建設業、自動車部品製造業、非鉄金属精錬業、自動車車体製造業等▽熊本の魅力を強化する地産地消による食の熊本復興グループ=熊本ネクストソサエティ(熊本市)生産者情報のIT化から消費者向け販売、水産物の加工、卸業、加工品の製造販売等▽合志工業団地協同組合グループ=合志工業団地工業組合(合志市)鋼材加工、土木建築資材販売業、水道ガス機材・住宅設備機器販売業等 ▽湯の里日奈久振興グループ=日奈久水産(八代市)旅館業、自転車販売修理業、LPガス販売業、公衆浴場、飲食業等▽熊本県主食集荷協同組合復旧・復興グループ=熊本県主食集荷協同組合(熊本市)農産物検査・共同購入事業、肥料農薬等資材販売、米穀の精米・販売等▽熊本県葬祭事業協同組合「復興」グループ=熊本県葬祭事業協同組合(人吉市)冠婚葬祭業、サービス業、運送業、小売業等▽熊本県畳工業組合=熊本県畳工業組合(熊本市)畳製造販売業、畳関連資材の販売業、襖等製造販売業、プロパンガス販売業等▽熊本県工業連合会グループ=熊本県工業連合会(同)鋳造用模型製造業、一般貨物運送業、半導体関連部品加工業、医療用品製造業等▽オールみふね恐竜の郷復興プロジェクト=料亭とらや(上益城郡)飲食業、食品製造業、健康商品製造業、陶磁器製造業、機械部品製造業、温泉施設業、旅館業、医療業等▽UTOシティ地域コミュニティグループ=コミュニケーション・ワークス(熊本市)サービス業、小売業、飲食業、卸売業、生花販売、パン菓子製造小売業等 ▽城南工業団地立地企業グループ=システムライン(熊本市)自動車部品製造業、自動車部品提供、建設機械・資材の商品供給、高純度化学製品の提供等▽「志を合わせて栄える会」合志市栄工業団地復興グループ=熊本中央リース(同)共同施設の管理・組合員の共同購入、建設機械リース・レンタル、テナント賃貸業、金属加工処理等▽鶴屋・駕町商店街等復興企業グループ=鶴屋百貨店(同)小売業、飲食業、医院、サービス業、金融業、ビル管理業、病院、割賦購入斡旋業・金貸業、商店街振興組合等▽熊本南工業団地協同組合グループ=熊本南工業団地協同組合(上益城郡)鋳造事業、製缶事業、経営管理・不動産管理、機械器具製造等▽阿蘇・内牧温泉郷を復興させる会=阿蘇温泉観光旅館協同組合(阿蘇市)宿泊業、飲食店営業、土産物販売、医療業、介護業等▽阿蘇ファームロード観光復興グループ=阿蘇ファームランド(阿蘇郡)健康施設運営事業、伝統芸能・猿回しの実演、ドームハウスの企画・製造・販売、総合製作事業、冷暖房装置の製造・販売等▽熊本県ホテル協会グループ=リバーサイド(熊本市)宿泊業、飲食業等▽サンリブシティくまなんグループ=マルショク(大分市)小売業、商業施設内遊戯施設、毛皮レザー製品加工、製茶販売、衣料品販売、保険プラン案内、広告代理店、書籍販売等▽益城町商工会 未来創成グループ=熊本交通運輸(上益城郡)運送業、電気工事業、サービス業、建設業、ガス販売、中古車販売、広告代理店、製造業、塗装業、製造業、造園業、飲食業等 【大分県】 ▽別府観光復興グループ=別府市旅館ホテル組合連合会(別府市)旅館・ホテル業等▽由布市観光復興グループ=由布市まちづくり観光局(由布市)旅館・ホテル業、小売業、飲食業等▽ゆふいん商工業復興グループ=R・M・Sイマヨシ(同)旅館・ホテル業、小売業、飲食業等▽九重町観光関連復興グループ=九重町商工会(九重町)旅館・ホテル業、小売業、飲食業等▽別府商工復興グループ=やまよし(別府市)小売業、卸売業、飲食業、自動車整備業等▽ゆふいん産業復興グループ=ゆふいん泰葉(由布市)旅館業、小売業、飲食業等▽久住高原「風」の会=後藤恵美(竹田市)旅館業、飲食業、土産品販売業、キャンプ場、ゴルフ場等 帝国データバンクが実施した月の「TDB景気動向調査」によると、景気DIは・3となり、2015年3月以来1年7カ月ぶりに2カ月連続で改善した。国内の景気動向は震災や台風被害からの復旧工事に加え、半導体関連や国内鋼材市況の底入れ、自動車生産が好調だったことが背景となった。 さらに、マイナス金利による住宅ローンの金利低下や各種助成金などを追い風に住宅着工戸数の伸びが続き旺盛となった住宅投資のほか、病院および介護施設の新設・建て替えなど医療・福祉関係の着工数も堅調に推移した。また、設備投資が上向いたことや、東京五輪をにらんだ首都圏での物件開発需要の高まりもプラスに働き、「建設」や「製造」など中小企業を中心に景気の持ち直し傾向が続いた。 こうしたなか、日本銀行による金融緩和政策は3年半を過ぎ、9月日には「総括的検証」を踏まえた新たな政策枠組みとして「長短金利操作付き量的・質的金融緩和政策」が導入された。また、政府は事業規模兆円の経済対策を8月に閣議決定、月日には年度第2次補正予算が成立するなど景気対策の両輪となる財政・金融政策の投入・転換が行われている。 帝国データバンクが実施した「金融緩和政策に対する企業の意識調査」(年月~日実施)によると、約6割の企業が自社の活動に対して金融緩和政策の効果について「実感はない」と認識していた。また、自社の主力商品・サービスの販売価格は1年前より平均0・%低下しており、なかでも「小売」は1%近く低下したが、「不動産」では大きく上昇するなど、業種によって明暗を分ける状況となっている。 企業からは、「マイナス金利で住宅ローン金利が低下したことに加え、金融機関が比較的リスクの少ない不動産関連への融資に積極的に取り組んでいる」(貸事務所)や、「住宅ローン利用者が大いに恩恵を受けており、工事需要にも好影響が及んでいる」(建築工事)といった、金利低下に伴うプラス効果を指摘する意見が多くみられている。 また、政府の経済対策には4社に1社が期待感を示すにとどまった。具体的な対策としては「個人の所得増加策」がトップとなっているほか、「中小企業・小規模事業者の経営力強化・生産性向上支援」「人手不足対策」が3割を超えている。さらに「子育て・介護の環境整備」「地方創生の推進」「社会インフラの整備」「中小企業・小規模事業者向けの資金繰り支援」が2割超となるなど、家計所得の増加や中小企業支援だけでなく、子育て・介護支援や人手不足対策など企業活動を行う上で幅広い環境整備を経済対策に期待している様子がうかがえる。 同調査において、日銀のインフレ目標の達成について、企業は当面困難と予想していることも明らかとなった。しかし、年にわたり続いているデフレ経済からの脱却は、本格的な景気回復には欠かせない要件であろう。 今後の国内景気は、拡張的な財政・金融政策とともに、震災復興や東京五輪に向けた公共工事が下支えしていくとみられる。また、個人消費については大手企業の冬季賞与が増加すると見込まれることはプラス材料となろう。 他方、原油や液化天然ガス(LNG)価格の上昇に伴う電力料金の値上げは、企業の業績を下押しする一因としてあげられる。さらに、米国大統領選挙で勝利したトランプ氏の政策運営も注目である。投開票直後には円相場が短期間に乱高下を繰り返すなど世界経済全体にも影響を与えており、国内輸出企業への影響が懸念される。「『輸出企業』の実態調査」(年月日公表、帝国データバンク)によると、海外との間で直接または間接に輸出取引を行っている国内企業は3万4870社にのぼる。とりわけ、「製造」と「卸売」で全体の9割近くを占め、自動車や電気・機械、鉄鋼関連が多い。日本の基幹産業となる輸出企業には大きな打撃となりかねない一方、米国が対日輸出圧力をさらに強めてくれば(日本にとっては米国からの輸入)、国内の輸入企業にとっては新たなビジネスチャンスを生む可能性もあろう。しかし、大手輸出企業の業績に悪影響が生じた場合、体力的な余力に乏しい中小企業は受注減などを通じて深刻な影響を受けることも懸念される。(帝国データバンク産業調査部情報企画課)(2)第1181号平成28年12月1日(木曜日)記念撮影する受賞者ら 東京商工会議所は月日、東京・丸の内の三菱ビルでセミナー「今考えるべき成長戦略・事業承継戦略 M&A活用のススメ」を開催した。日本政策投資銀行(DBJ)でM&A業務を行う企業戦略部の3氏が、経営資源の補充や事業領域拡大、さらに後継者不在の企業の事業承継の手段として、M&Aのメリットや留意点などについて具体事例を交え解説した=写真。 まず、DBJ執行役員の山本貴之企業戦略部長が、国内のM&A市場の現状を概説した。山本氏はM&Aの動向について、2008年のリーマン・ショック後は縮小したが、「最近では回復し、昨年は約兆円と過去最高となった。今年も9月までで兆円を超え、高水準が続いている」とし、その背景として企業の潤沢な資金や成長戦略の実現などがあると分析。最近の特色として、国内外の同業を買収する水平展開と、自社の上流または下流を買収する垂直展開などがあると指摘した。DBJのアンケートでは製造業で3分の1、非製造業で2割以上がM&Aを実施しており、「今後も拡大する見込み」と述べた。 中堅・中小企業によるM&Aニーズの背景としては、地方創生や後継者が見つからない事業承継が目立つとしており、「当行は国内外の成長手段、事業承継のためのM&Aも扱っている」と参加者に相談を呼びかけた。 続いて、企業戦略部の西出孝之次長と森信宏参事役が、M&Aのプロセスや企業価値評価、メリットと留意点などについて実例を挙げて説明した。 この中で西出氏は、M&Aの可否の検討から最終契約、さらには経営統合後のコンサルティングなどのプロセスを説明したうえで、「M&Aはシナジー(相乗効果)をいかに産み出すかが成功のカギ。一般的には、3カ月でその成果がみえてくる」とした。また、森氏は成長戦略と事業承継のためのM&Aについてそれぞれのメリットと留意点を語ったうえで、「いずれの場合も、売り手・買い手とも動機や対象、条件を明確化することが重要」などとした。 海外事業展開を行い、九州経済を牽引する起業家やイノベーションを実現した事業者らを表彰し、広くその存在を発信する表彰制度「九州未来アワード」の第3回審査会・表彰式が月8日、熊本市中央区のホテル日航熊本で開かれ、企業・団体部門の大賞に、衣料品のインターネット通販を手掛けるライフスタイルアクセント(熊本県)、学生起業アイデア部門の大賞に崇城大学(同)生物生命学部がそれぞれ選ばれた。 同表彰制度は、西日本新聞社、熊本日日新聞社など九州の7地方新聞社で構成する実行委員会が主催。経済産業省九州経済産業局などが後援、中小機構九州本部などが協賛した。海外事業に積極的に取り組む企業・団体と、学生による起業アイデアを選ぶ2部門からなる。 同日は一橋大学イノベーション研究センター教授の米倉誠一郎氏が「地方創生はイノベーションで!」をテーマに基調講演。ゲストトークとして、中小機構九州の齊藤三本部長が、「中小企業の復活が復興の原動力」と題し、熊本の中小企業の復興への取り組み事例と地方創生に共通するプロセスを紹介し、中小機構の熊本地震復興支援を中心とした事業などについて説明した。 会場では両部門のファイナリストがプレゼンテーションし、それを審査した。 大賞以外の受賞者は次の通り。 【準大賞】宮川洋蘭(熊本県)【女性地域貢献賞】▽KIGURUMI・BIZ(宮崎県)【審査員特別奨励賞】▽合同会社農未来(大分県)【敢闘賞】▽佐賀大学大学院工学系研究科(佐賀県) 経済産業省関東経済産業局は、月日から3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた「ものづくりマッチングJapan2016」(主催・日刊工業新聞社)内で、国のサポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)の認定を受けた中小企業社を集めた「サポインテック2016」を開催した=写真。鋳造、切削加工、金型製作、プレス加工などの分野で独自の優れた技術を開発した各社が、新たな取引先開拓やパートナー発掘などに取り組んだ。 鋳造メーカーの浅沼技研(浜松市)は、「半溶融成形法」をアピールした。アルミニウムを半分溶けた状態で金型に押し込む技術で、2回にわたってサポイン事業に認定された。従来の溶融法に比べ凝固収縮が少なく、内部欠陥を少なくできるほか、軽量化も可能という。放熱性も高く「電気部品と一体成形ができ、工数削減にもつながる」(研究開発室の橋正詞氏)。試作用の自動車部品製造向けに採用実績があるが、今後はLED(発光ダイオード)照明や空調機器向けなどの需要を開拓し「量産も計画している」(同)という。 プラスチック射出成形の工程で、溶融した樹脂が合流するところでできるムラをなくす「ウェルドレス成形」を展示したのは、柴田合成(群馬県甘楽町)。プラスチックにアルミ粉を混合させて射出し、ムラが出る部分を予測して金型を温める独自の手法。塗装しなくても表面に光沢を出せる特徴を持ち、「すでにハイブリッド量産車のマークに採用されている」(企画部の小山雄大氏)と胸を張る。 能勢鋼材(大阪市旭区)は、新発想のウオータージェット切断技術を出品した。高密度の水に、高い硬度を持つガーネットを加えて切断するため「レーザーやプラズマ切断に比べ、熱の影響がほぼゼロで、仕上がり成形に近い状態にできる」(KSC事業部の西田真一主任)。事業化はこれからだが、「炭素繊維など難削材にも対応可能で、応用範囲は広い」(同)としている。 東京都は月日、東京・有明の東京ビッグサイトで「世界発信コンペティション」の表彰式を行い、製品・技術とサービスの2部門で、大賞、優秀賞、奨励賞、特別賞の受賞企業を称えた=写真。両部門で大賞各1社、優秀賞、奨励賞各2社、特別賞は製品・技術部門9社、サービス部門5社の計社を表彰して開発・販売等奨励金を交付。小池百合子都知事発案の女性活躍推進知事特別賞には、3社を表彰した。 「世界発信コンペティション」は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックはじめ中長期的なビジネスチャンスに向けて、中小企業などが開発した革新的で将来性のある製品・技術とサービスを表彰する新たな制度。昨年までのベンチャー技術大賞は製品・技術部門とした。 今回の大賞は、製品・技術部門でエヌエスケーエコーマーク(東京都新宿区)の「スポーツウエアをサポートするのびのびマークの製造技術」、サービス部門はPIJIN(同中央区)の「世界を言語バリアフリーにする多言語化ソリューション『QR Translator』」がそれぞれ受賞した。 製品・技術部門の川田誠一審査委員長(産業技術大学院大学学長)は「中小企業のチャレンジ精神で、国際的なビジネスチャンスをつかんでほしい」と述べた。サービス部門の新井民夫審査委員長(サービス学会初代会長)は、「東京五輪大会などを契機に世界に飛躍してほしい」と各社のグローバル展開を望んだ。 各賞を贈呈した小池知事は、「中小企業は、東京が世界を見据えて積極展開する成長戦略の鍵。日本経済の停滞を打ち破る大きなエネルギー」と祝辞を述べた。 このコンペは、東京都が東京商工会議所などと共同開催した「産業交流展2016」内で行われた。同展は、首都圏に事業所を持つ中小企業などの優れた技術や製品を展示し、販路拡大、企業間連携などを促す狙いで、月日から3日間、開かれた。今年は「情報」「環境」「医療・福祉」「機械・金属」の4分野に1073社・団体が出展し、延べ約8万1500人が来場した。

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る