さんぽう通信2015年度
61/64

さんぽう通信28年3月15日号さんぽう通信第81号平成28年3月15日発行中小機構四国本部【今月号の目次】(1)【卒業企業紹介】・・・・・P.1◆株式会社キシモトが安藤百福賞第20回記念特別奨励賞を共同受賞!(2)【認定事業者紹介】・・・P.2◆有限会社菓匠芝山が西日本放送の番組「ルック」で紹介されました!(3)【イベント報告】・・・P.3近畿本部主催の食の展示商談会・テンクウマルシェに出展しました(4)【施策情報】・・・・・P.2・3・4◆平成28年度新連携支援事業の公募を行っています(4/18まで)◆小規模事業者持続化補助金の公募を行っています(5/13まで)◆軽減税率対策補助金の事務局WEBページがオープンしましたバックナンバーはこちら(中小機構四国WEBサイト内)→http://www.smrj.go.jp/shikoku/area/089673.html1【卒業事業者紹介:愛媛県】安藤百福賞第20回記念特別奨励賞を共同受賞(四国初)!第20回四国産業技術大賞革新技術賞最優秀賞を受賞!株式会社キシモト平成23月6月16日農商工等連携事業計画認定愛媛県東温市株式会社キシモトは、「八幡浜港で水揚げされる鮮魚を活用した魚骨の軟化技術による骨まで食べられる干物等の開発・製造・販売」で農商工等連携事業計画の認定を受け、昨年度事業計画期間を終了しました。同社は昨年1月に日経スペシャル「ガイアの夜明け」で認定商品である骨まで食べられる干物「まるとっと」を紹介された後、立て続けに別の全国放送のテレビ番組で紹介され、一時同社のWEBページに注文が殺到する状況が続きました。この大人気の同商品を開発して健康寿命の延伸に貢献したとして、同社の岸本賢治専務が、共同開発者である愛媛県産業技術研究所の担当者とともに新しい食品の創造開発に貢献した研究者らを顕彰する「安藤百福賞」(※)の第20回記念特別奨励賞を受賞しました。四国からは初の受賞であり、今後一層の研究開発が期待できるとして100万円の研究助成対象にも選出されました。同社は他にも四国地域イノベーション創出協議会が主催する第20回四国産業技術大賞革新技術賞最優秀賞を受賞しており、おめでたいことが重なっています。今後は病院や外食産業にととどまらず、宇宙食への活用も検討しているとのことで、骨まで食べられる干物の進化はまだまだ続きそうです。【株式会社キシモトのWEBサイト】http://www.kishimoto-web.com/骨まで食べられる干物「まるとっと」あじ・みじん味1尾324円(税込・送料別)通常の干物の40倍のカルシウムを摂取可能!3月9日に表彰式に臨む㈱キシモトの岸本賢治専務(受賞者3人のうち一番右手前。他は左奥から愛媛県産業技術研究所食品産業技術センター長平岡芳信氏、えひめ産業振興財団専門員藤田雅彦氏)※カップヌードルの開発者である安藤百福が1996年に創設。

元のページ  ../index.html#61

このブックを見る