さんぽう通信2015年度
60/64

さんぽう通信28年2月15日号中小機構四国本部さんぽう通信中小機構では国の認定事業で開発した商品の販路のご紹介に加え、テレビ、新聞など各種メディアへの認定事業者の情報提供も行っており、今回はテレビ東京系で株式会社宮崎椅子製作所を取り上げていただきました。今後も認定事業者の皆様の情報を分かりやすく発信していきます!(井下純)編集後記☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆本誌に関連してご意見・お問い合わせ等ございましたら、以下の発行元へお願いいたします。独立行政法人中小企業基盤整備機構四国本部経営支援部連携推進課TEL:087-823-3220、メールアドレス:inoshita-j@smrj.go.jp住所:〒760-0019香川県高松市サンポート2-1高松シンボルタワータワー棟7階☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆6地域資源活用事業・農商工等連携の補助事業の公募を行っています中小企業施策イベント報告中小企業庁では、地域資源活用事業や農商工連携事業の国の認定を受けられた事業者(認定事業計画期間を終了された方は対象外)が応募可能な補助金の公募を行っています。該当事業者の皆様は、公募要領をご確認の上、応募をお願いいたします。【公募締切】平成28年3月4日(金)※受付時間は10時~12時、13時半~17時。郵送の場合は、受付最終日の17時までに必着。【補助限度額】認定事業計画1件あたり500万円※ただし、地域資源活用については、4者以上の共同申請案件の場合には、認定事業計画1件あたり2,000万円【交付決定下限額】50万円【各事業の特徴について】各補助事業の補助対象となる事業、「海外展開に向けた取組みを補助計画期間中に実施すること」が評価事項となっているかどうかについては、以下の表のとおりです。【四国経済産業局の公募情報ページ】【現在募集中の補助事業一覧】http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm【問合せ先】四国経済産業局産業部中小企業課新事業促進室担当者:山内、重岡、谷本電話:087-811-8562(直通)~応募にあたっては必ず公募要領等をご確認ください~三法種別補助金の名称対象事業海外展開に向けた取組を補助計画期間中に実施することが評価事項となっている地域資源活用平成28年度予算ふるさと名物応援事業補助金(地域産業資源活用事業)「鉱工業品(非食品)」または「観光資源」を活用×平成27年度補正予算ふるさと名物応援事業補助金(地域産業資源活用事業・小売業者等連携支援事業)「農林水産物」または「鉱工業品(食品)」を活用○農商工連携平成28年度予算ふるさと名物応援事業補助金(低未利用資源活用等農商工等連携支援事業)非食品の売上を増加×平成27年度補正予算ふるさと名物応援事業補助金(低未利用資源活用等農商工等連携支援事業)食品の売上を増加○・平成28年度予算の地域資源活用・農商工連携http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_b5/2_koubo/160209b/160209.html・平成27年度補正予算の地域資源活用・農商工連携http://www.shikoku.meti.go.jp/soshiki/skh_b5/2_koubo/160209a/160209.html認定事業者紹介認定書交付式

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る