さんぽう通信2015年度
6/64

さんぽう通信27年4月15日号中小機構四国本部さんぽう通信6【認定事業者紹介:徳島県】㈱絹やがドイツ・アンビエンテ見本市で藍染皮革製品を出展!ネクスト・マーケットイン事業でデザイン・新アイテムを開発しました!㈱絹や平成24月6月20日地域資源活用事業計画認定徳島県徳島市㈱絹やは、「徳島県の藍染め技術を活用した藍染め馬革素材及び馬革製品の開発・製造・販売」で地域資源活用事業計画の認定を受け、事業を進めてきました。さんぽう通信7月15日号でも紹介しましたとおり、平成27年度の中小機構「ネクスト・マーケットイン事業」(※)に採択され、開発したバッグを2月にドイツ・フランクフルトで開催された世界最大級の雑貨見本市「アンビエンテ」で発表しました!今回絹やは、古くから地域で育まれてきた藍染色の応用技術で藍染皮革素材を活かすというデザインコンセプトのもと、世界的に活躍するドイツ人デザイナー、ウォルフ・ワグナー氏と共同で欧米市場向けのバッグ4種類を制作。見本市来場者の反応については、「藍染の色を活かしたデザインは来場者にも好評。特に藍色が評価され、今後の海外展開に向けて大きな可能性を持っていることを実感した」(絹や・山田社長)とのことで、充実した海外出展だったようです。中小企業施策認定事業者紹介イベント報告専門家・職員紹介今回絹やが新たに開発した藍染の色を活かしたデザインのバッグネクスト・マーケットイン事業としては、アンビエンテでの見本市に留まらず、その後パリのギャラリーに専門家を招いての商品評価会や海外有名ブランドとの商談も開催され、事業者の方々にとっては盛りだくさんの内容でした。本事業は平成27年度も実施が見込まれていますので、海外専門家の協力による商品開発に興味をお持ちの事業者の方はぜひ参加をご検討ください(平成26年度は30社が採択され、四国からは唯一絹やが採択されました)!※採択された企業に対して、海外在住の専門家がデザインや市場ニーズについてアドバイス・情報提供を行い、日本の優れた伝統工芸品・技術を活用した商品開発・海外販路開拓に取り組む事業。特に今回は海外との様々なギャップ(商品・デザイン・価格・流通ギャップ)をできるだけ埋め、世界的な見本市で発表することによって、欧州およびアジアに新市場を求めることを企図しています。【㈱絹やWEBサイト】http://www.wa-kinuya.com/アンビエンテ出展の様子:絹やのバッグをはじめ開発された製品を中小機構のネクスト・マーケットイン事業・ContemporaryJapanese DesignProjectとして展示しました。海外ビジネス戦略推進支援事業の2次締切は来月29日!今年度からWEBサイトの外国語化も補助対象となりました!先月号でもご案内していますが、中小機構では、中小企業・小規模事業者の海外展開に向けた戦略策定や販路開拓のためのF/S(実現可能性調査)等を行う「海外ビジネス戦略推進支援事業」の事業者を募集中です!今年から新たに補助対象となったWEBサイトの外国語化をはじめ、海外での現地調査支援、物流体制の構築等から補助対象を選択いただけます。ただし、事業計画の策定支援については必須ですので、ご注意ください。詳細は本補助金事務局ページでご確認ください!【(2次)締切】平成27年5月29日(金)→http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/fs/boshu.html~上記公募情報については、必ずご自身でホームページにアクセスいただき、ご確認ください!~

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る