さんぽう通信2015年度
55/64

さんぽう通信28年2月15日号さんぽう通信第80号平成28年2月15日発行中小機構四国本部【今月号の目次】(1)【今年度第3回目の事業計画認定】・・・・・P.1・2[地域資源](2)【認定事業者紹介】・・・P.3・4◆株式会社宮崎椅子製作所が日経スペシャル「夢織人」に登場!◆えいら株式会社がいよてつ髙島屋で認定商品・真珠貝のグリッシーニを先行販売!(3)【イベント報告】・・・P.5ソーシャルメディア時代の広報・PR&クラウドファンディングセミナーを開催しました(4)【施策情報】・・・・・P.4・5・6◆高松でミャンマー会in 四国を開催します◆高松で地域密着型金融に関するシンポジウムを開催します◆地域資源活用・農商工連携の補助事業の公募を行っていますバックナンバーはこちら(中小機構四国WEBサイト内)→http://www.smrj.go.jp/shikoku/area/089673.html1(徳島県)株式会社阿波市場(徳島県)株式会社Nepari(愛媛県)三洋興産株式会社[農商工連携](愛媛県)大西水産有限会社(徳島県)池田薬草株式会社(香川県)株式会社ブラン(高知県)有限会社和中小企業地域資源活用促進法等に基づき7件の事業計画が認定されました!【企業概要について】①代表者氏名②所在地③資本金④従業員数⑤設立年⑥事業内容⑦共同申請者or連携参加者このたび2月3日付で中小企業地域資源活用促進法、農商工等連携促進法に基づき計7件の事業計画が認定され、四国経済産業局において認定書交付式が行われました。今回認定を受けられた各社の「概要」や「今後の抱負」をご紹介します。【徳島県】株式会社阿波市場①代表取締役上野伸介②徳島県徳島市中昭和町4丁目61番地2③50,000千円④22名⑤2008年⑥鳴門わかめの加工・販売【認定事業】鳴門わかめのメカブが持つ有効成分を活用した健康飲料の開発・製造・販売<今後の抱負>弊社は鳴門わかめの一般的に流通度の低い部位であるメカブや茎について加工の研究に取り組んで参りました。メカブの有効成分に着目し、メカブエキスを含む健康飲料の商品化に取り組んでおります。鳴門わかめの商品バリエーションが広がり、鳴門わかめの認知度のより一層の向上、産地としての地域ブランド価値の向上に努めて参ります。

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る