さんぽう通信2015年度
48/64

さんぽう通信28年1月15日号さんぽう通信第79号平成28年1月15日発行中小機構四国本部【今月号の目次】(1)【認定事業者紹介】・・・・・P.1◆株式会社熊谷ファームが日本政策金融公庫の創業企業事例集に掲載!(2)【施策情報】・・・・・P.2~3◆経営後継者向けの長期研修など経営の承継についての施策をご案内します◆四国中央市で商品のブランディング及びPR戦略をテーマとしたセミナーを開催◆岡山駅周辺で海外展開支援企業・団体とのマッチングイベントを開催◆ものづくり補助金の公募要件の事前予告中(2月初旬公募開始予定)バックナンバーはこちら(中小機構四国WEBサイト内)→http://www.smrj.go.jp/shikoku/area/089673.html1【認定事業者紹介:株式会社熊谷ファーム(高知県)】日本政策金融公庫の創業企業事例集に掲載!平成27月7月6日地域資源活用事業計画認定高知県東洋町大手食品宅配事業者向けにナスの生産を手がけると同時に自ら狩猟したイノシシを中心とするジビエ(野生鳥獣)を高級レストラン向けに供給する株式会社熊谷ファームは、昨年7月に「猪肉を活用したペット用加工食品の開発・製造・販売」で地域資源活用事業計画の認定を受け事業を進めています。このたび日本政策金融公庫(以下、「公庫」)の創業融資制度の活用企業を紹介する事例集「起こす!50“地域を起こす創業企業“」に同社が掲載されました。この事例集は創業を考えている方向けに公庫の創業融資制度を活用した事業者の創業の経緯や内容、今後の事業展開について紹介するもので、各都道府県から原則1社がセレクトされています。株式会社熊谷ファームは食肉や認定事業であるペット用加工食品の製造設備について公庫の融資を受けており、事例集では、鳥獣保護法の改正をきっかけに同社の熊谷猛男社長が趣味として行っていた狩猟を事業へと発展させていったことや、将来的には狩猟者の育成・啓発にもつなげていきたいという熊谷社長の思いが語られています。熊谷社長はグルメ雑誌の「料理王国」平成28年2月号で神戸の高級フレンチのシェフが信頼するジビエの仕入先として、また狩猟専門誌「けもの道」の平成28年2月号でも犬を複数使った忍び猟により最小限のダメージでジビエを捕えるハンターとして紹介されており、自ら捕獲し、処理した肉の質は高く評価されています。今後認定事業でも熊谷社長が腕を振るって開発するペットフードの発売が待ち遠しい限りです。【「起こす!50“地域を起こす創業企業“」の紹介ページ】https://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/jireisyuu/【株式会社熊谷ファームの紹介PDF】https://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/jireisyuu/pdf/p88.pdf日本政策金融公庫「起こす!50“地域を起こす創業企業“」の表紙・掲載ページ

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る